乃木希典と日露戦争の真実

僕は、司馬遼太郎が大好きです。

僕のささいな読書歴の中で、司馬作品が一番多くの冊数を占めていると思います。たぶん・・・
そして今後もこれは変わらないでしょう。

その司馬さんなんですが、全知全能でもなければ万能の人でもありません。そして、小説家であって、学者ではありません

司馬遼太郎の小説は、あくまでも小説であることを頭に入れて読むべきだと思います。

小説に書かれていることが全て真実だと思わない方がいいです
たとえば「馬がゆく」で描いた馬は実際の坂本龍馬と違う部分があります。「坂の上の雲」もそうです。

事実と違うからダメなんだと言っていません。あくまで小説として楽しめばいいし、両作品とも僕は傑作だと思っています。


それで今回の本紹介ですが、桑原嶽(くわはらたけし)の「乃木希典と日露戦争の真実」です。

野木01

桑原さんは、陸軍士官学校と中野学校で学んだあと軍に配属され、太平洋戦争を戦い、大戦後は警察予備隊そして自衛隊で役職を歴任した方です。
この履歴からわかるように軍事に精通した方で、その目から見た日露戦争の記述に違和感を感じることがあり(特に乃木希典に関するところ)、本書のもととなる文章が書かれました。それが平成2年に発行された「名将 乃木希典」で、今回新書として復刊されました。

帯の裏を撮ったのがこれ↓

野木02


なかなか面白い本でした。
旅順攻防戦そして黒溝台会戦、奉天会戦について深く知ることができました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード