新USB用に

僕にとって車は移動手段であって、ドライブを楽しむということはありません。車に乗るのは必要な時だけです。その中にあって唯一の楽しみは、音楽を聞くこと。

カーステはUSB対応です。ほとんどUSBで聞いています。CDで聞くのもいいのですが、その入れ替えが面倒くさいのと、運転中だと危ない。そして同じCDばかり聞いていると飽きてくるし、その差し替えも億劫なことなのです。

USBに音楽を入れる作業はそれなりに時間がかかります。今回は空き時間にちまちまとやっていたので、1ヶ月くらいかかったかもしれません。でも車の中では数ヶ月間差しっぱなしでいいのです。そこがストレスフリーで、いいんですね。

夏の間は窓を開けて運転していることが多いので(エアコンをほとんどかけないんですよ)、クラシックは不向きです。小さな音が聞き取れないからです。だからJAZZPOPSを聞きます。
それ以外の季節はクラシックですね。

さて、今回はこれです↓

新USB用に

ヴェルディのオペラをリッカルド・ムーティの指揮で、マーラーの交響曲や歌曲をピエール・ブーレーズの指揮で、この2つのBoxセットが柱です。

それにアンドレプレヴィンの指揮によるチャイコフスキーの3大バレエ、ズスケ・カルテットの演奏によるベートーヴェンの弦楽四重奏曲、そしていくつかのピアノ曲を織り交ぜました。


カーステ用のUSBを作って何個目でしょうか? 5回目くらいになるのかな、もう少し多いかもしれません。
毎回気を付けるのは、曲が終わるとガラリと雰囲気を変えることです

交響曲は楽章が変わると曲想が変わります。オペラも場面が変わると音楽も変わります。その他も曲もしかり。けれども同じ作曲家だといくら変化をつけても基本的なトーンはそんなに変わりません。だから同じ作曲家の曲を続けると、だんだん飽きてくるのです。

それが嫌なんですよ。

新鮮な気持ちが聞きたいのです。

だから作曲家を変えたり、編成を変えたりします。(例えば、大編成オーケストラを用いた曲のあとは、弦楽四重奏曲だったりピアノ曲を入れます)


さて、自分なりに順番を工夫したつもりですが、どんな感じになっているでしょうか。楽しみです。
今のJAZZやPOPSが入っているUSBが今週末か来週に終わる予定です。そのあとに聞くことができます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私はCDR

私のカーステレオでは、CDRにハイドン、ベートーベン、モーツァルトのピアノソナタ全集をMP3に変換して収録しています。

何曲ほど?

MKさん、こんにちは。

返事が遅くなってすみません。平日はPCを開ける時間がほとんどとれません(悲)

MKが作られるCDRには、ピアノソナタが何曲ぐらいはいるのですか?

CDR

CDのデータをWindowsメディアプレーヤーで書き出し、MP3ファイルに変換しますが、1枚の容量が700Mbt.通常のCD音楽だと80分(ベートーベンの第九の長さが基準らしい)です。
MP3に圧縮すると、データは約1/10の容量になります。
従って、無理やり詰め込んで、音楽CDが10枚近く入る事になります。
一応9枚ぐらいと見ておくと良いと思います。
ヴァルヒャの旧バッハ全集10枚組は入り切りませんでした。
9枚組ハイドンのピアノソナタ全集なら1枚で収録できます。
ベートーベンの弦楽四重奏曲全集も楽勝でしょう。
CDRなら、安価ですし薄く場所も取りませんから、シュチュエージョン毎に組み合わせて用意する事も良いかもしれません。

なるほど

MKさん、こんにちは。

丁寧に説明していただいてありがとうございます。

CDが9枚から10枚ということですね。なにか使えそうな気がします。
今回のUSBは4Gほどの音楽データを入れ込みました。これで3ヶ月以上聞くことができます。
曲順を覚えていないので、次にどの曲になるかわかりません。それが新鮮さの理由になりますが、何かの曲ないしは曲集が聞きたくなった時には融通がききません。
そん時にMKさんに教えていただいたCDRを使う方法がありますね。

どのように有効活用するか考えてみます。これを考えるのが楽しいんですね(笑)
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード