三沢へ

3日に北朝鮮がミサイルを発射しました。

NHK NEWS WEB によると
「防衛省によりますと、3日午前8時前、北朝鮮西岸から弾道ミサイル1発が発射され、およそ1000キロ飛んで秋田県の沖合およそ250キロの日本の排他的経済水域の中に落下したと推定されています」
とあります。

地図を広げて、発射地点と落下地点の2点を取り、直線を引きます。さらにはそこから右に延長するとどこにいくか?

三沢基地 周辺なんです。


北朝鮮に対して米軍が対峙していく際に、重要拠点になるのが三沢基地なんです。

ここからわかるように、一昨日のミサイル発射は深刻な意味を有しているのです。


今年たくさんのミサイル発射をしていますが、これまでのものと意味合いが違っています。以前のものは、ビジネス的な色合いが強いです。北朝鮮は兵器輸出国です。発射実験を通して中東の国などに、商品のアピールしているのです。
しかし、一昨日のものはアピールではありません。日本への威嚇です。

今回の内閣人事で稲田さんが防衛大臣に就任することに対する威嚇です。



隣国からの軍事的脅威が迫ってきています。

「ひたひたと」という段階は過ぎました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード