一路

お盆に「何か楽しめる小説はないかな」と思って、本棚にある未読本をざっと見て、浅田次郎の「一路」を取り出してきました。

参勤交代の話です。
どこまで史実で、どこからがフィクションなのかわかりませんが、美濃の領地から中山道を通って江戸へ行く様子がわかります。幕末という時代設定ですが、その時代の緊迫感は感じられませんが、参勤交代ってこんな感じだったんだろうなという雰囲気がありました。

それから浅田次郎には、ハズレはありませんね。この人の小説はそんなによんでいませんが、今まで読んだ作品はどれも楽しめるものでした。

一路

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード