恋しくて

ラブ・ストーリーは嫌いではないです。でも好んで読む方でもありません。

↓村上春樹の本でなければ、買わなかった本です
koisikute.jpg

版権の関係で翻訳できなかった作品もありますが、村上さんがいろいろ集めて読み、翻訳し、構成した短編小説集です。

甘いものも苦いものもあります。へんてこなものもあります。書く人が違えば、同じラブ・ストーリーでもこんなにも違うのかなと思わされます。国や文化の違いもあるかもしれなせん。
そのバラエティの豊かさがこの本の売りの一つかもしれません。そういう意味で楽しませていただいた一冊でした。

個人的好みでいえば、有川浩みたいな小説が好きです。あの甘さというか爽快感を含んだ幸福感が好きなんです。
しかしこのアンソロジーにはそんなものはありません。現実に私たちが経験する恋の甘さ・苦さ・狂おしさ等の実相が描かれているような気がします。有川タイプの恋愛小説が好きではない方には、面白く読めるかもしれません。


FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

よんちゃんさん☆

え@@こんな本あるんですか?<春樹さん
知らなかったです!買ってみよっと^^v
春樹さんの手掛けた本ということだけで
有り難味があるような・・・笑

村上さんだから

慧喜さん、こんにちは。

「バースデイ・ストーリーズ」という短篇集は読まれましたか。
村上春樹が海外の“誕生日”をテーマにした短篇作品を選んできて、自ら翻訳し、編集した短篇集です。
それのラブ・ストーリー版が「恋しくて」です。

僕自身、あまり小説を読みません。短編小説はなおさらです。村上さんが自ら選び翻訳したからこそ読んでいるのです(笑)

>春樹さんの手掛けた本ということだけで有り難味があるような<
まさにそんな感じですね!
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード