FC2ブログ

調所笑左衛門

「しかし男は当時も、いまも、“偉業”をたたえられることがない」

読み始めて2ページ目にこの言葉が出てきました。

男の名前は調所笑左衛門(ずしょ しょうざえもん)

この男を主人公にした「薩摩藩 経済官僚」を読み始めました。(今3分の1ほど読みました)
佐藤雅美さんの著作で、副題に“回転資金を作った幕末テクノクラート”とあります。

それによると、天保6年(1835)薩摩藩は500万両の借金をかかえていました。
今でいうとどれくらいの金額になるでしょうか?
どうしようもないほどの負債で、会社でいうなら事実上の倒産状態、しかも再建の見込みのない倒産状態であったというのです。

これを調所笑左衛門が解決します。
しかも100万両備蓄したというのです。

幕末から明治への維新回転の大事業は、薩摩藩が中心にいました。これが出来たのもお金があったから。
調所が歴史の舞台に登場していなければ、莫大な借金をかかえ貧窮にあえいでいたままで、倒幕の中心になることすらできなかったかもしれません。

そう考えると調所笑左衛門の功績は大きいものがあります。佐藤さんは述べています
「ふりかえってみると天はまるで、薩摩藩の回天の大事業を成功させるがために、一足はやく男を、配したがごとくである」と

そして冒頭に掲げた言葉が続きます。


しかし男は当時も、いまも、“偉業”をたたえられることがない
この言葉はいいですね!
僕をいかせる殺し文句みたいです。

豊臣秀長にしろ調所にしろ、目立たないけど、抜群の功績があった。しかしそれに見合った評価が与えられていない。
だけどこの人を抜きにしてはその組織が成り立たない、今後の業績なり飛躍があり得なかったであろう。

僕はそういう人間が好きです。
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

調所笑左衛門

はじめまして
訪問ありがとうございます。また、いつも拝見させて戴いております。
調所笑左衛門は評価が少ないですよね。幕末の薩摩藩財政を立て直したので、斉彬も政治活動ができたのでしょうけどね。
私も良く知りませんので、読んでみたいと思います。本、買いすぎて重ねてあるだけの本がたくさんありますけど・・。

調所

piglet01さん、こんにちは。

僕はお城大好き人間なので、piglet01さんの100名城シリーズはいつも楽しみにしています。
さらにウサギも好きです!!
佐藤雅美さんの本を昨年1冊読み、今年は既に3冊読み、只今「薩摩藩 経済官僚」を読んでいるところです。
佐藤雅美がマイ・ブームになっていて、たまたま調所笑左衛門が主人公だったということなんです(苦笑)

でも読んでみると凄く面白く、完全に引き込まれています。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード