とっぴんぱらりの風太郎

万城目学の「とっぴんぱらりの風太郎」を読みました。

小節のことを全く知らずに「ぷうたろう」という言葉を聞いたときにどんなイメージを持ちますか?
いいイメージを持つ人は少ないのではないでしょうか。さえない男とかどんくさい男というイメージに近いものを持つ人が多いかと思います。

この小説に主人公として登場する風太郎は伊賀の忍びです。忍者屋敷で育てられるのですが、優秀ではありません。どんくさく頭の回転も悪いです。藤堂家や徳川のいろんな陰謀や策謀に体よく使われます。察しが悪いので、自分がどういう役割を担っているのかわかっていません。後で話を聞いて知るばかりです。
一方で豊臣秀頼の願望を実現するためのお供にさせられたり、摩訶不思議なもののお使い役をやらされたりもします。

使う方にしたら使いやすいのかもしれませんね。

この風太郎は目の前のことだけに一生懸命です。本人の意図しない方向に持っていかれ、命の危険にさらされるのも数回。実際死んでもおかしくない場面もあります。(死んじゃうと、そこで小説が終わってしまうから、筆者は絶対殺さないけどね)

ハラハラドキドキです。

そう、この小説は活劇なんです。

大阪冬の陣と夏の陣を中心に回している忍者活劇なんです。700ページを超える大作なんですが、全く飽きさせません。筆者のエンターテイメント能力に脱帽です。

   風太郎

万城目学はこれが2冊目です。1冊目は「プリンセス・トヨトミ」、これも面白かった。
関連したところで、「鹿男あをによし」はTVドラマのメイン・テーマだったかエンディング・テーマだったかを吹奏楽編曲版で演奏したことがあります。

FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちはー。
読まれましたね(^^)
読んでて風太郎にイラっとくることとかありました。
でも、厚い本でしたが飽きなかったんですよー。
ぐいぐいと惹きつけられました(〃∀〃)

読みました

igaiga さん、こんにちは。

そろそろ読もうかなと思っているところへ、igaiga さんの ブックレビューがありました。

コメントさせていただいた次の日から読み始めました。キッカケを与えてくださいましてありがとうございます。


一番印象的なのは、風太郎とひさご様が大阪城でさいかいするところです。少しばかりうるっときました。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード