映画「清須会議」

映画「清須会議」を見ました。

面白い作品でした。歴史エンターテイメントと楽しめる映画でした。

原作となる小説は昨年読みました。各章と日時と中心人物を明記して、リアルタイムに進行する構成をとっていて、これがうまくハマっていると思いながら読みました。
「24」の手法をうまく消化していると思いながら読んでいました。

小説の著者である三谷幸喜が、脚本を書き監督もして映画化されたわけで、もう思うがままの三谷ワールドですね。
秀吉役の大泉洋、柴田勝家役の役所広司ははまり役でした。

poster3.jpg

ただ気を付けなければならないのが、NHK大河ドラマといっしょで、フィクションが脚色が多分にあること

この映画を全て史実と思ってもらったら困ります。かなりのフィクションや脚色があります。あくまでエンターテイメント作品として見るべきです。


話変わりますが、いつ頃からかNHK大河ドラマは見なくなりました。史実にのっとった格調の高さが失われたからです。ただの娯楽番組に堕したからです。フィクションによる史実歪曲がひどいのです。見るに堪えられません。
NHK大河ドラマの内容を史実と思い込んでいる人もいます。どこかの国の史実歪曲を真実を思わされているものと同じです。


元に戻って

小説と映画の両方で、秀吉による「織田家簒奪」計画と実行をはっきり示しているのは正しいと思います。

本能寺の変 431年目の真実」 (文芸社文庫: 明智 憲三郎 著)の説を採用するなら、本能寺の変以前から、この清須会議も全て計画通りということになります。
    9784286143828.jpg

清須会議は秀吉の狙い通りに三法師(信長の孫)が家督を継ぎます。後は歴史が示す通り秀吉が天下を獲ります。


さて、織田家簒奪とした豊臣秀吉と、豊臣家簒奪をした徳川家康、同じようなことをしたわけです。だのに秀吉と家康に人気の差がでるのはなぜでしょう?


FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード