模擬試験

前回の「サッカー偏差値」を書いた後に、一つのアイデアが浮かんできました。

国際親善試合を「模擬試験」ととらえるのです。

国際Aマッチ(FIFAに公認された代表チーム同士の試合)など海外のA代表との試合が、公式戦以外でくまれます。この国際親善試合についてザック・ジャパンの場合を考えてみますと、上位チームとの試合が少なかったのではないかと思います。

FIFAランキングが全てではありません。それから「格上」「格下」という言葉が好きではありません。けれども、あえてそれを使って説明します。

格下のチームとの試合を「やさしい模擬試験」ととらえます。
自分の実力でそれなりに解ける問題が出されるテストです。やさしいからそれなりの点がとれます。当然成績もよくなります。自分はできるという自信がつきます。

ザック・ジャパンの4年間の勝率はいいのは格下相手が多かったから。
勝率がよかったからか?マスコミが煽ったことによるのか?実力以上に強いという幻想が生まれた。

乱暴な言い方ですが、そんな見方ができます。


やさしい模擬試験に慣れてしまっていたので、本番の難しい入試試験問題にあたふたとしてしまい、実力が発揮されなかった。

頭が真っ白になった瞬間もあったかもしれません。

動揺、そして自信喪失もあったかもしれません。

結果、惨敗。




今後の処方箋として考えられるは、FIFAランキング上位国との試合を増やすことです。

今回で、本番の難易度がわかりました。4年後はさらに難易度が上がっているかもしれません。

そのためには難しい模擬試験をたくさん受ける必要があります


FIFAランキング20位台から30位台チームとたくさん試合を組めないでしょうか。
そこで勝率5割を超えれば嬉しい。

10位台のチームともいくつかやれたらいい。勝率3割が希望ですが。


とにかく強いチームとやってもまれなければならないと思います。


FC2 Blog Ranking


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード