武士の家計簿

17冊目です。

磯田道史の「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」。

だいぶ前に著書名を耳にし、何年かたって映画化されると聞き、先月BSの番組表で映画が放送されると知って見ようと思い、結局見逃してしまいました(苦笑)

それから幾日か経って書店でたまたま目にしました。そうなると読みたくてたまらなくなったんですよ(笑)

一読して、「これ、どうやって映画化するの?」
大いなる疑問が湧いてきました。これは、小説ではない普通の新書です。歴史を題材にして書かれた普通の新書です。おおよそ時系列に沿って書かれてはいますが。

どんな脚本書いたの?
どういうストーリー仕立てにしたの?
ドラマらしいドラマがなので、平板は映画になる危険性があるのに・・・
といったことが次々と頭に浮かんできました。だから、逆に映画に興味が湧いてきました(笑)

41VY8QYK6SL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

すみません。のっけから話がずれましたね(笑)

この「武士の家計簿」、面白い本です。
江戸時代の武士の生活ぶりは、ほとんど知りません。TVや映画の時代劇や時代小説で、なんとなく知っている程度です。それが、幕末の加賀藩の一藩士という限定があったとしても、その細部の一端を知ることができるわけです。

そこが面白い!



今日はここで終わりにしますが、続編ありです。
「これ、オモシロ!」と思ったところの引用オンパレードの予定です(笑)


FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード