輝く夜

昨夜、サラリーマン川柳をいくつか紹介していました。
おおっと思ったのが、

やられたら やり返せるのは ドラマだけ

そうだよな、現実はそうだよな、と頷いていました。


そう、ドラマの中では、もっと範囲を広げてフィクションの世界では、作者の思い通りになりますからね。

と、そこへ、今回読んだ本へ強引につなげます。

百田尚樹「輝く夜」です。

51rudgn7zyL__SL500_AA300_.jpg

クリスマス・イヴの話が5つ。主人公は女性。

中年オヤジの僕にはそぐわないなと思いつつ、でも作者も中年オヤジだけどなと、自分を慰めつつ(?)読みました。

こう書くとダサいでしょう(笑)

しかしこの小説は、その逆をいっています。すごく素敵な話なんですよ。

涙腺も刺激されます。

いい話だったなと、しんみり言えるストーリーです。

「こういう展開は小説だけ」と突っ込むことはできます。そんな人には読んでほしくない。穢されたような気がするから。

デリケート、なにやら傷つきやすく、ラストで「よかったね」と心をこめて言える。ホントにこんな話があったらいいなと言える five stories。


FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード