日記 2.13

<お詫び>
先日のコメント返信で、佐村河内守作曲(実は新垣隆)「交響曲第1番」を4楽章構成の作品と勘違いしていました。3楽章が正しいのです。
1年か2年前に聞いたきりで、思い込みのまま返信文を書いてしまいました。申し訳ありません。

ちょっと聞いてみたいという問い合わせがあったので、CDを取り出してきて、ようやく間違いに気づきました。


それにしても、このニュースを見るたびにうんざりしてきました。
「神明に誓って」と言う言葉が出てきた時点で、完全に疑ってしまいます。

いつもはTVをほとんど見ないのですが、オリンピックが始まってから、暇な時にちょくちょくTVをつけます。オリンピック関連ニュースが見たくて、あちこちの番組をはしごするのですが、その時に「佐村河内問題」にぶち当たります。

人間の醜悪な部分を醒めた目で見る。
そう心がけているのですが、今回はだんだん気分が悪くなって、醒めようとする気になりません。


お詫び記事を書かなければならないので、続けて書きました。
この件に関して、これを最後とするつもりです。

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

同感です・・・

全く同感です。
この件、早く忘れたいです。
気分悪いですねよ。
ふざけた輩です・・・。

大好きな音楽、もっと楽しいお話したいですよね!

楽しく

★赤影★さん、こんにちは。

ネットでニュースを見ていたら、まだまだ収まりそうな気配がありませんね。

作曲分野にもゴーストライターがいるというニュースを読むと、複雑な気持ちになります。

>大好きな音楽、もっと楽しいお話したいですよね<
まさにそうです!

世界のクラシック音楽史に残るかも

こんばんは。
第4楽章があったのかも...と思っていましたが、あまり気にとめていませんでした。
たしかに第3楽章の終盤はエンディングらしい曲ですね。
発表された時から賛否両論ある曲ですが、そのうちCDを手に入れて全曲聴いてみます。

個人的には、仕事がらこういう業務受託者(なのでしょうね)と同じ立場なので、ゴーストライターの法的・同義的責任がどこまで問われるかということについて、非常に関心があります。

この騒動はまだ紆余曲折ありそうですが、現代世界のクラシック音楽史でも、これだけ大きな詐欺事件は「ジョイス・ハットの盗用録音事件」以来ではないかと思います。
今回の騒動で、ハット事件を連想した人もいるでしょう。


(追記)
「ジョイス・ハット事件」とは、亡くなった女流ピアニストの夫が、他のピアニストたちの録音を編集して、ジョイス・ハットの録音と称して、100枚以上のCDをリリースし、批評家などから絶賛されましたが、結局、リスナーからの指摘で盗作であると発覚しました。
事件の詳細はこちらのブログに載っています。
http://ameblo.jp/aibahiro/entry-10121373640.html#main

法的・同義的責任

yoshimi さん、こんにちは。

すみませんでした。完全に4楽章構成と思い込んでいたのです(悲)

ゴーストライターの法的・同義的責任に関してはどうなんでしょう?
本なんかではゴーストライターは当たり前で、読む方もそれをわかって読んでします。だから法的・同義的責任は問題ないでしょう。

今回のニュースに関連して、ワイドショー等で作曲においてもゴーストライターの存在があることを報じていました。
佐村河内守自身は法的・同義的責任を問われ、社会的制裁も受けるでしょう。でも、ゴーストライターそのものについてはどうなんでしょう?

「ジョイス・ハットの盗用録音事件」は初めて知りました。
世の中、悪知恵働かして大胆にやる人がいるんですね。

気になるのは

こんにちは。
ゴーストライティング自体はかまわないと思いますが、経歴・障害詐称を知っていて、自身の作品が詐欺行為に利用されているのを知りながら、作品提供を続けていたことが、刑事・民事賠償訴訟で不問とされるのかどうかが気になります。

ゴーストライターが詐欺を"共謀"していたわけではないので、刑事事件としては無罪になるかもしれませんが(2割程度の責任があるという専門家もいますが)、民事賠償訴訟では訴えられるかもしれませんね。
この騒動がどういう結末になるのか、興味深々です。

刑事・民事賠償訴訟

yoshimi さん、こんにちは。

>経歴・障害詐称を知っていて、自身の作品が詐欺行為に利用されているのを知りながら、作品提供を続けていたこと<

なるほど。
僕は、この視点をもって今回の騒動を見ていませんでした。

その視点をもって、事の顛末を追ってみたいですね。

僕の場合は、積極的に追うのではなく、ある程度の距離をおきつつ必要な情報だけを得る追い方です。
できるかどうかわかりませんが(苦笑)

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード