シューベルト1、2、3、8番

今朝はかなり冷え込みました。

今シーズン初のつららです。

1230.jpg

午前早めの大掃除はつらかった。しかし晴天だったので、気温が上がって昼前から午後3時くらいまで快適でした。

室外の作業もあれば室内もあります。室内作業はBGMつき、何を聞こうかなとあれこれ考えていると、そうだ久しぶりにこれを聞こうと取り出してきました。
217.jpg
まだ全部聞けていないんですね(苦笑)

未聴CDの中から今の気分にあったものということで、シューベルトの交響曲を聞くことにしました。
まずは1番3番8番が収めてあるCD。次に2番4番のもの(4番は聞いていません)

演奏は、予想通り格調の高いもの。

コリン・ディヴィス最大の特徴かもしれません。オーケストラがシュターツカペレ・ドレスデンだからなおそれが際立つと思います。

ほんとにこのオーケストラはいいよね!


シューベルトの交響曲全集はケルテス/ウィーン・フィル盤を持っていますが、初期のものは若者が書いた習作的作品という印象を持たせるものでした。ウィーン・フィルの雅やかさが魅力であり、なんとなく田舎っぽさを感じさせる演奏でもありました。

一方デイヴィス盤で聞く1~3番は、習作なんて微塵も感じさせません。既に完成された堂々とした作品と思わせるものでした。
さらには、なんていい曲なんだと思わせる演奏、なじみのない曲をいいなと思わせるのは凄い事なんですよ。


FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード