間断なき侵入

前回からの続きです。

平安時代に現れた「武士」ですが、その多くは農業に従事しながら必要な時だけ武器を手に取るという形ではなかった。そして戦国時代末期まで、その状態に大きな変化はなかったと思っています。(詳しく調べた事がないので自信がないのですが…)

戦国時代の大名の多くは、それぞれの土地の豪族地主が発展したものと思います。
部下のほとんどは農業に従事しています。「農業兼業の侍」「農民兵」という言い方をしていいかもしれません。

そのため戦国時代の戦(いくさ)は、農閑期に行われる事が多かったようです。


ここからが本題です。
堺屋太一「豊臣秀長」によると、尾張(愛知県西部)しか領地がなかった信長が、美濃(岐阜県)を攻める時に採った戦略が「間断なき侵入」です。

信長は家来達をそれぞれの支配地から離れて、居城である清洲城の周りに住まわせる政策をとります。兵農分離を進め専業武士化をはかるです。

城下では楽市楽座政策をとり、それによって集まった銭で無頼者等を集め、傭兵団を作ります。

これによって農繁期や農閑期に関係なく戦をする事ができます。

信長は傭兵団を使って、間断なき侵入を繰り返します。
美濃侍は、始めは信長に対抗するためたくさんの兵が戦いに出てきますが、徐々に動員兵が減ってきます。田畑が大切でそんなに頻繁に戦いに出ておれないのです。美濃侍は戦いに倦み疲れ、不満が大きくなります。

兵の大半が農業兼業者である敵国と、専業武士と傭兵団が編成できる自国との実態の差から考え出された戦略です。
当時誰も考えなかった信長の革命的ともいえる考えです。

強い美濃侍に弱い尾張兵が勝つための作戦でした。素晴らしい!


ふう?、ちょっとした歴史講座でした(笑)
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード