アイーダ・トランペット

録画しておいてスカラ座公演の「アイーダ」をようやく見終えました。

今までCDで聞き、DVDで見て、心に響くものがなかったのですが、今回の演奏会形式の「アイーダ」全曲を聞いて、ようやくいいオペラなんだなと思えるようになりました。

僕が初めてアイーダを知ったのは高校1年の時、吹奏楽部に入部して数ヶ月のうちにやった曲でした。たしか9月の文化祭で演奏したと思います。

あ、ごめんなさい。全曲ではないですよ。「アイーダ大行進曲」の吹奏楽編曲版です。

それから、この曲が大好きになり、アバド/スカラ座管弦楽団の「ヴェルディ/オペラ合唱曲集」のレコードに夢中になりました。

それからカラヤンが、ヤマハのアイーダ・トランペットを採用したというニュースも知りました。

そのアイーダ・トランペットを今回初めて見ました。
写真はTV画面を携帯で撮ったものです。

aida04.jpg

パッと画面に映し出されて、おおお~っとなりました(笑)

停止ボタンを押して巻き戻し、携帯を取ってきて画面前で構えて再生ボタンをおしました。

aida02.jpg

長い、長い、これがアイーダ・トランペットかと思って嬉しくなりました。

aida01.jpg

アバド/スカラ座管の演奏では、ファンファーレの最初は聞く側の左から流れ、フレーズが変わると右側から聞こえました。今回の公演も同様でした。この写真は右側の奏者です。

いや~、なんとなく得した気分になりました(笑)



ちなみにオペラの感想ですが、これまでのイメージは大行進曲からきていて派手なオペラというもんでした。それがあるためにCDやDVDで感じるものが少なかったと思います。今回の演奏で、おのオペラは悲劇なんだ、苦しみや悲しみを表現しているのだとわかり、そこでようやく入り込めることができました。

それからアムネリスは、アイーダやラダメスに次ぐ役割ですが、実際は蔭の主役いや本当の主役のような気がしました。


FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トランペット

こんばんは。

ベルディがつくらせたというアイーダのトランペット、
私もブロともさんの演奏会で、初めて見ました。
間近で見たので、感動。 長さにびっくりしました。
凱旋行進曲のあのメロディーは、
やっぱりこのトランペットで聴くと、いいですね。

No title

りーさん、こんにちは。

>間近で見たので、感動<
今回TV画面で初めて見ましたが、生で見たことはありません。
一度間近で見てみたいものです。

その時は、たぶん感動するでしょうね。
いや、興奮すると言った方が正確かもしれません(笑)
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード