プラハ

コリン・デイヴィス/ザ・シンフォニーズ(54CD)を購入して、ぼちぼち聞いています。

1枚目から順に聞いていて、ハイドンが終わってモーツァルトに入りました。
        
        217.jpg

それぞれが満足できる演奏で、いい買い物をしたと思っています(笑)
その中でも今日聞いた1曲は出色でした。

7枚目のCDで、収録曲は
1.モーツァルト:交響曲第36番ハ長調 K.425『リンツ』
2.モーツァルト:交響曲第38番ニ長調 K.504『プラハ』
3.モーツァルト:ディヴェルティメント第11番ニ長調 K.251

このうちの「プラハ」がよかったのです。

合奏によって出てくる音の色合いが独特でした。今まで聞いたことがない色調で、まずそこにひきつけられました。
そして格調の高さですね。

コリン・デイヴィスは派手な指揮者ではありません。
オーケストラと作り上げる音に、ギラギラしたものはありません。(たとえば、超名演の『春の祭典』の音作りを聞いてもわかりますね)
だから印象としては、質実あるいは質朴という形容はあてはまるかもしれません。

彼のモーツァルト演奏に「雅やかさ」とか「優美さ」を求めると、裏切られるかもしれません。

そうではなく、ピリオド奏法と正反対の落ち着いたモーツァルト、そして高みを感じさせてくれるモーツァルトを望むなら、お勧めできる演奏です。


聞き終えて満足し、録音データを見てびっくりしました。
オーケストラがシュターツカペレ・ドレスデンだと思っていたら、違いました。イギリス室内管弦楽団でした。1963年の録音です。

SKDの方は11枚目、順調に聞いていくと、来週か再来週になります。

う~ん、後回しにしようかな。
最後の54枚目が終わってからがいいかもしれない。

イギリス室内管の感触をそのままにしておきたいんでね(笑)

FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いいですね(^^)

こんばんは!
良いものをお持ちですね。
コリン・デイヴィスは、確か独学で指揮法を習得して、サーの称号まで戴く大指揮者になった人ですよね。
今年?4月に惜しまれて亡くなったと聞きました。

>ピリオド奏法と正反対の落ち着いたモーツァルト、そして高みを感じさせてくれるモーツァルトを望むなら、お勧めできる演奏です。

仰るとおりですね。
派手なあざとい演奏は決してしない指揮者でしたね。
かっちした構成の中で、知性がキラリと光るような、聞き込むと意外に情熱的だったりする、魅力的な指揮者でした。

とても羨ましいです。
お金のことを言うと何ですが、2万円以上するセットでしたよね。
ベルリオーズやシベリウスも入ってましたね。

イギリス室内管の感触、大事になさってください。(微笑)

いいなぁ。

このセット、18,000円程ですねぇ。
うらやましいです。
HMVの広告に詳細が載っていましたが、ハイドン、モーツアルトが充実してますね。
まあ、54枚だから一枚当たり330円位ですから安いですね。
すぐにコスパを考える悪い癖です(笑)。

コリン・デイヴィス

★赤影★さん、こんにちは。

そうです、今年亡くなりました。その追悼盤みたいなものです。

このセットは、ベートーヴェンとシベリウスを目当てに購入しました。
モーツァルトは期待度としては2番手だったのですが、思わぬ掘り出し物に当たったという感じです。他のモーツァルトの交響曲が楽しみになりました。

価格ですが、HMVの場合輸入盤3セット以上でお買い得価格になります。毎回それで購入していますが、今回もそうです。
コリン・デイヴィス/ザ・シンフォニーズは18000円弱でした。

コスパ

MKさん、こんにちは。

HMVでCDを購入する際は、コスパを気にしています。 

ににせ小遣いが少ないですから。

安くていいものを!ですよ(笑)
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード