結果責任

阪神がクライマックスシリーズ敗退となりました。

監督は結果責任が問われますから、初戦の藤浪起用に非難が集中するかもしれません。

奇策と言えば奇策ですからね。うまくいけば褒められますし、そうでなければ非難されます。
(僕個人としては、首をひねる投手起用ですが)

監督は自分がプレーするわけでなく、他人である選手の出した結果を背負うわけです。因果な商売ですね。



さてさてサッカーですが、ザックジャパンはここのところ停滞期ですね。

W杯本番における躍進をジャンプにたとえるならば、今を跳躍前の動作ととらえることができるでしょうか?
つまりより高く跳ぶために、膝を曲げ腰を落とし、腕は曲げて後ろへひかなければなりません。頭の位置だけを見ていると、跳躍前は必ず位置が下がりますね。

これを今のザックジャパンに当てはめてみるわけです。

どうでしょう?
希望的観測と見るか、当を得ていると見るか。
僕にはわかりません。頭の中で理屈をひねっているだけですから(苦笑)

来年7月には答えがでます。
タイトルに合わせて無理やり結論付けると(苦笑)
W杯の結果すべてが、ザッケローニの責任になります。
(ありきたりな言い方で、面白くないですね)


次の試合は15日です。結果と内容を伴ったいい試合をしてほしい!
一ファンとしては、コンフェデ杯からの閉塞感が苦しいのです。

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード