確率は半々?

博打の話です。

AとBが賭けをしています。

状況として、江戸時代以前をイメージしてください。

4つのお椀があります。そのうちの1つに銭を入れます。当然Bは見ていません。

どのお椀に入っているのか、Bは4つのうちの1つに賭けます。

Aは空いているお椀2つを開けます。そして
「残り2つのどちらかに入っている。
どちらか? 
賭け直してもいいし、そのままでもいい」

Bは、そのままにするか、始めと違う方のどちらかを選択します。

Aは2つのお椀を開けます。


この勝負、Aが勝ったりBが勝ったりと繰り返していきますが、回数を重ねるにしたがってAの勝率がまさってきます。
(お断りしますが、Aは一切インチキをしていません)


2つのお椀を開け、残り2つとなったとき、相手に賭け直しをできるようにしています。つまり確立としては半々のはずです。でも勝率は五分五分となりません。

なぜでしょう?


これは、先日読み終えたばかりの小説に出てくる賭博の話です。しかし、数学の確率の問題でもあります。
また、その小説のキーにもなるものです。


と、期待させたところで強制終了(笑)

FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

う〜ん。。。

1/16の差。。。ですか。。。?
Bが勝つのは7/16。。。?!

違ってたらわかりません(>_<)

確率は

ばばばんさん、こんにちは。

僕は数学が苦手なので、よく理解できなかったのですが(悲)

空の2つを開け、「残り2つのどちらか」としたところがトリックで、実は4つに1つが当たるという確率の問題です。

なので単純に考えると、Bが勝つのは4分の1です。


けれども小説の中では、4つのお椀の博打の話が何回も出てきて、それぞれに勝ち数が違うので、僕は何を信じればいいのかという状態になっています。

結局何もわかっていないのです(爆~)
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード