橋下発言

昨日は、Jリーグ20周年の記念日だったんですね。
Jリーグ発足以来のサッカーファンとしては、昨日そのことについての記事が書けなかったのが悔やまれます(悲)

巨人対西武で、二日連続で珍プレーがありましたね。
一昨日は三本間の挟殺プレーの失敗。TVを前に、あんたらプロか?と言ってしまいました。
昨日はライトゴロ。僕が小学校の頃、放課後によくソフトボールをしました。ライトゴロというのが何度かあったんですね。まさかプロ野球であるとはね(笑)


橋下発言ですが、市長は何を狙っているのでしょう。

僕が注目するのは、発言内容ではありません。発言意図です。
市長の発言は、かなり計算をして何らかの目的をもって発せられることが多いと思っています。

僕は、今回の発言もそういうとらえ方で見ています。だから、国内の反発は織り込み済みで、本人もあまり気にしていないと思います。けれども海外の反応は想定内だったかどうか?

近く訪米するようですが、そこに照準を合わせての発言だったのでしょうか?
アメリカ議会は人権に関しては敏感であると聞いています。従軍慰安婦問題では、米国議会を敵に回すかもしれません。これはヤバいことです。市長に何らかの勝算はあるのでしょうか?


政治家の問題発言には、いろいろなタイプがあると思います。
観測気球として、世論の動向を見るためのものがあります。政治家の無知や不見識から来るものもあります。
橋下発言はどちらでもないと思います。いわば確信犯だととらえています。

政治というのは、本音を隠して、建前論で動かす、という要素を持っていると思います。
つまり、建前論をぶちながら、真に意図するところを実現させるという、技術を要する世界です。
(これはあくまで一要素で、全ての政治がそれで動くわけではありません)

そういう政治界で遊泳する政治家は、建前論をしゃべっていきます。本音を語ることは少ないと思っています。
その中にあって、橋下徹という政治家は、本音をオープンにする珍種であるかもしれません。

本音に見せかけて、実は本音じゃなかったりして・・・

市長の本音トークの多くは成功してきたと思います。
国内政治家その他の建前論を国民が見透かしているため、そこズバッとついたことで多くの賛同を得たからだと思います。
しかし、従軍慰安婦発言はどうでしょう。本気で怒っている人や不快感を持っている人が多いと思います。共鳴を持ったりや理解を示す人もいるでしょうが、その人たちは支持を表明しにくいと思います。そうしてしまったら自分が叩かれますかね。


さて橋下発言、今後どのように変遷していくのでしょうか。
本人の意図がどれくらい実現できるのでしょうか。


FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード