古楽器

楽器06

素晴らしい装飾ですね。音を出すためというより、見せるためにある(?)と思ってしまいます。


楽器04

サクソルン(saxhorn)です。

wikiに「1843年頃にベルギーの管楽器製作者アドルフ・サックスによって考案された一連の金管楽器群である」と書いてありました。詳しく見たい方は下記URLで
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%B3

サクソルンを使用しているのは、ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団あたりでしょうか。かなり以前に何かの文で読みました。現在も使用しているかどうかは僕にはわかりません。


話はそれますが、
ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団の音は大好きです。音の美しさと柔らかさは絶品です。「ビロードのような」という形容がぴったりきます。

クラシックの編曲ものの演奏で、まさに弦楽器と思えるような音が出せます。さらぶが弦の艶やかささへも表現できるのです。バッハの「トッカータとフーガニ短調」の演奏では、まさにオルガンと言える音が出ています。

これらを聞いたのが、高校か大学のときです。まさに瞠目でした。


さて、アドルフ・サックスですが、サクソルンの他にサクソフォーンの発明もしています。
サクソフォーンは今や吹奏楽やJAZZ、POPS系のバンドなどになくてはならない楽器になっています。

FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Hornってことは。。。

マッピとベルの位置関係を見ると。。
ベルは後ろ向きなんですね(@_@)

大きな方のsaxhornのベルが異様に長いのは、
肩に乗せた時に前後のバランスを取るためでしょうか?(^_^;)

直管系で反射を使う楽器を作って見たかったのか。。?
廃れた理由はわかる気がします。。

あんなもの前で吹かれたら、後ろの席はたまったものじゃない(>_<)

。。浜松に行く時は絶対に立ち寄りたいです。博物館。

後ろ向き

ばばばんさん、こんにちは。

wikiによりますと、軍楽隊の後進で、後ろ向きに音を出す必要があったためと書いてあります。

ふ~んという感じです。

そういう需要があったのなら存在意義はありますが、今の時代ステージで演奏するには全く不要ですね。
仰るように後ろで演奏するものはたまったものじゃないですね(笑)

仮の話ですが、現在サクソルンがあったとして、後ろの席がTrpだったら面白いかもしれません。
木管楽器奏者から、時に爆音を出してうるさがられるTrpとです。毎回の練習で喧嘩ばかりしたりして(笑) それともお互いに張り合って、ますます爆音がひどくなったりして(苦笑)

マーライオン

獣の口からゲロゲロゲロとマーライオンみたいに何かが出そうですね。

たしかに

わんわんわん さん、こんにちは。

たしかにマーライオンみたいですね。

そして、実際に何かが出てきたりして(笑)
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード