雑感 5.11

円が101円台になりました。

100円に届きそうで届かない期間が続きましたが、一気に超えましたね。僕は経済音痴なので、これが経済ににどれほど影響を及ぼすかわかりません。ただ大きなニュースであることはわかります。


写真の紹介です。
先日浜松城の写真を掲載しましたが、同じ日に行った浜松市楽器博物館で撮ったものを数回に分けてアップします。

まずは館内の一部です。
楽器01

楽器02

ぱっと見た目には、ホルンの先祖かなと思いましたが違いました。

楽器03

トロンボーンといえば、スライド式というのが一般的イメージですが、それをくつがえすものです(笑)

FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

めちゃめちゃ複雑な形状ですね。
これはつくるのも大変そうですね。

No title

わんわんわんさん、こんにちは。

楽器博物館でみると、昔の楽器にはいろんな形があって、珍しくもあり、驚きもありました。

それにしてもこのテナー・トロンボーンは傑作ですね。形は素晴らしい! 
けれど作るのは大変でしょうね。

音はどうだったんでしょう?
そこが興味津々です。

こんにちは

コルネットは今で言うコルノ・ダ・カッチャの原型ですかねぇ⁈
ホルンの様な形状で元々はホルンと同じように狩で使われていたようですが、右手で操作し、マッピはTpのものを用います。

でも写真を見るとマッピもホルンに近いような。。

楽器の変遷は面白いですね(^ ^)

複数のベルを持つ楽器は今でもあります。
ユーフォなんかにダブルベルが生き残ってます。

しっかしこのテナートロンボーンは。。
ピストンまで複数組ある。。(^_^;)
どうなってるんだろう。。。

無理だろうけど吹いてみたいです(>_<)

さすが!

ばばばんさん、こんにちは。

さすが、細かいところをみておられますね。

コメントを読んで思ったのが、写真の楽器は、ラッパとホルンの融合と見るべきだろうか?ということです。勝手な思い付きですが・・・

数ヶ月前に見た、ロイヤル・コンセルトヘボウ管のコンサートでマーラーの3番をやっていました。そこでポストホルンを初めて見たのですが、形は写真のコルネットに近かったような気がしています。
これも勝手な思い付きですが・・・

いずれにしても、あれこれ考えさせてくれて、楽しい気分になります。


実際に音を聞いてみたいし、吹いてみたい。
試奏をお願いしましょうか、浜松まで行って(笑)
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード