FC2ブログ

二の丸から

二の丸が弱点だから、そこから攻めたらいいのではないか。
仙台城に関してずっと思っていたことです。

「週刊 日本の城」12巻では、「奥州仙台城絵図」が掲載してあり、1644年頃の縄張りを知ることができます。
それを見ると、西屋敷や二の丸の防御性があまりにも弱い感じがします。本丸や三の丸のそれと比べて大きな違いです。伊達政宗は、なぜこんな縄張りにしたのだろうか?と不思議に思っていました。

それから13巻に
960460_p.jpg
仙台城鳥瞰復元CGが掲載されています。

このシリーズの鳥瞰復元CG全13作品の中で、一番下手なCGですが、城の様子はわかります。
広瀬川を大橋からわたって大手門に行くルートは、スケールの大きさを感じさせます。しかし、いざ戦が起こり、籠城しなければならないとなったとき、どう守るか?
shiro02k.jpg

二の丸方面から攻め、これをとれば、大手門は裏から攻められ意味をなさなくなります。
こうなると大手門を放棄し、中門で厳重な防御線をひくしかないのかと思ってしまいます。


そんなことをうつうつ考えながら、仙台城の写真や地図を検索しているといろいろ出てきました。
image002.gif
二ノ丸の西側が弱い感じですね。

12337.jpg
これを見ると、少し攻めにくいのかなと思わせます。

sendaicast_map4.gif
二ノ丸を囲む緑色は何を表しているのでしょう?
水堀と緑色のもので、防御性が高くなった感じがします。

16.jpg
上の図面をわかりやすくしたのが、これかな?

21senndaijo.jpg
おっと、二ノ丸が水堀で囲まれているじゃないか!

二ノ丸を中心に見ましたが、いろいろありますね。


FC2 Blog Ranking

二ノ丸にこだわってきましたが、「日本の城」の文をよくよく読んでみると、政宗が生きていたころは子女の屋敷地であったと書いてあり、さらに2代藩主のときに藩主私邸と藩庁になったとあります。

ですから、政宗が城郭の位置づけをどうしていたかは不明です。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード