FC2ブログ

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

村上春樹の新作のタイトルが発表されましたね。

「色彩を持たない

 多崎つくると、

 彼の巡礼の年」

だそうです。

いかにも村上さんらしいタイトルですね。


村上さんの随筆に、長くて一風変わったタイトルがあります。

「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです」

「走ることについて語るときに僕の語ること」

「意味がなければスイングはない」


「夢を見るために~」のいわれはわかりませんが、他はわかります。

「走ること~」は、アメリカの作家レイモンド・カーヴァーの『愛について語るときに我々の語ること』からきています。

「意味がなければ~」は、ジャズミュージシャンのデューク・エリントンの作品『スイングがなければ意味はない』からです。

今回の「色彩を持たない~」は、どこからきているんでしょうね。探ってみたいですね。



ちなみに「走ること~」は僕の大好きな本。
以前にも書きましたが、村上さんの小説は、いまいちフィットしないところがあるのですが、評論・随筆・旅行記の類はばっちりフィットします。
特に「走ること~」は共感しまくりです(笑) 僕の中に形をとらずにいる思いや思考の断片を、文章としてはっきりと形にしてくれた、という箇所がいっぱいあるのです。


先日から、プーランクを聞いたという文をいくつか書いていますが。実をいうと、プーランクを聞くキッカケを作ってくれたのが村上さんなんです。

「意味がなければ~」は音楽に関するエッセー(一応音楽評論となっていますが、僕の感覚としてはエッセーです)なんですが、JAZZばかりでなくクラシックのことも書いているのです。シューベルトのピアノ・ソナタや、ピアニストのゼルキンとルービンシュタインについて、そしてプーランクと。

これを読んで、プーランクに興味を持ったんですね。
そこから聞き始め、管弦楽作品や声楽曲、室内楽曲と少しずつCDを集め始めました。結構いいなと思っていたところで、タイミングよく今年がプーランク没後50年で、それを記念してCDが発売されました。  
754.jpg
20枚組で3500円。即、買いですよ(笑)



  あっ、ごめんなさい!

今日のタイトルと全然違うことを書いてますね。

もう元へは戻せません。強制終了します(爆~)



FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード