FC2ブログ

カラマーゾフの兄弟

「古典を読むべし」と言われます。

一般論はそうでしょう。しかし、僕が声を大にして言うことはできません。本当に「そうだ!」と思っているわけではないし、なぜ?と聞かれたときに返答に窮するからです。

でも、僕個人として「古典を読むべし」と思いが強くなってきました。ここ数年前あたりからです。
中年オヤジになって、人生あと何年生きられるかわからないけど、生きている間に古典(関心のある範囲に限られますが)にふれておきたいのです。

なぜか?

残念ながら明確な答えがでてきません。
けれども人に勧めるわけではなく、僕個人の趣味の話だから、答えがなくても別に困りません。もっと言えば、読まなければならないとして自分を追い込むわけではないですからね(笑) 

こんなことを書くのは、今日のTV欄に映画「カラマーゾフの兄弟」というタイトルを目にしたからです。
今、同名のドラマをしていますね。日本風にアレンジしているようです。見ていないので、何ともいえませんが。それに合わせて書店には、ドストエフスキーの原作が平積みになっています。


実をいうと、この小説は何回か挑戦しています。そのたびに挫折しています(苦笑)



急用ができました。工事中です。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード