FC2ブログ

菜の花忌

今日は「菜の花忌」

司馬遼太郎が亡くなったのは1996年2月12日。あれから17年になります。

今読んでいる司馬さんの小説は「翔ぶが如く」、約1年前に読み始め、なんとか7巻までたどり着きました(苦笑)
まさに西南戦争勃発のところを読んでいます。
1876年1月に密偵(?)が薩摩に入り、鹿児島の私学校側は西郷暗殺という情報を手に入れます。また政府による武器弾薬庫からの持ち出し等があり、これらが発火点となって暴発します。

そして2月15日、西郷が鹿児島を進発して西南戦争が始まります。

まさにタイムリーなところを読んでいるわけです。137年前の出来事ですが、少しばかりリアルタイムで見ているような感覚があります。



話変わりまして

今日、小学校の同級生の葬儀がありました。

駅のホームで心筋梗塞で倒れたとのことです。あまりにも突然なので驚いています。

葬儀会場で同級生が「親や叔父叔母の葬式だけでなく、同級生の葬式もするような年齢(とし)になったか」と言いました。

「人間五十年」と歌った敦盛の時代なら、亡くなっても不思議でない年齢になりましたが、今や平均寿命が70や80といっている時代です。「まだ若いのに」と言われる年代です。

複雑な心境です。


それから浄土真宗式の葬儀を経験しました。我が町は禅宗(臨済宗や曹洞宗)のお寺が多く、葬儀はほとんどそれです。だから真宗のものは初めてかもしれません。
読経の節回し(?)が全然違います。なかには4分の4拍子2小節を1フレーズにした読経が延々と続く部分がありました。それに木魚を使いません。
葬式仏教と揶揄されますが、いろいろとあるんだなと思いました。

ついでにもう一つ。

今日の読経ですが、何を言っているかさっぱりわかりません。時折わかる言葉が出てくれば、死者を悼んだり、生と死について思いを致したりと、ぼ~っと座っている数十分を更に意味あるものにしてくれるかもしれません。

稀に思うのですが、経文には深遠な思想が込められているはずなのですが、現代語訳したものがどれほどあるでしょうか?

仏教界の方は、仏教を深く広めよう、仏教思想によって日本人の心を豊かにしようという意志があるなら、お経を現代語訳して広めるべきだと考えます。
まあ、葬式仏教に堕している現状や、檀家の子守りみたいなことに汲々している状態では攻めの姿勢をとることもできないかもしれませんが。

FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

現代語訳

少し前に、書店で新書サイズの現代語訳を手にしたことがあります。お経の大半は、後の僧侶たちの信仰告白だということが意外でした。必ずしも真理を説いているものではなさそうです。そういうことがわかってしまうのも、不都合だという面もあるかもしれません。

こんにちは(^-^)/

結構ありますよ。現代語解釈。
般若心経は深くて好きです(^_^;)

読みようによっては万物の根源を説明していて、結構現代科学でも当てはまるようにも見えます。

確かに深いのはお経の中でもごく一部ですね(^_^;)

No title

こんばんは。

実家では毎日のように、般若心経を聞かされた私です・・・
ちょっと以前お寺の住職のブロガーさんにいただいた言葉を書いてみます。

その方がおっしゃるには、般若心経はこの世界に対する「認識論」なのだとか。

有名な「色不異空 空不異色」という語句を物理的な事象観で読み解くと、

空=からっぽではなく、人間の直接感覚では捉えきれないこと、
だからなんにもない「からっぽ」にみえる、
そして私達が存在しているこの空間には人間の直接感覚では捉えきれない
なにかがいっぱい詰まっているのだということ。

色=物質的現象は、空=直接感覚で捉えきれないものと
表裏一体の関係にあり、
観測、実験など感覚に訴える「操作」を通してその本質が見えてくる・・・
といった内容なのだそうです。

物理と結びつけて考えると、違った世界が見えてきそうですね。
現代社会にも通じるでしょうか?
物事の見方、心の在り方、学ぶことはありそうです。

No title

narkejp さん、こんにちは。

>書店で新書サイズの現代語訳を手にしたことがあります<
それはどのお経ですか。
仏教コーナーみたいなところに置いてあるのでしょうか。
読んでみたいですね。

>僧侶たちの信仰告白<
え、そうなんですか!

そういわれれば「歎異抄」はそんな感じもしますが・・・


生半可な知識のまま勢い任せで書きましたが、コメントを通して教えてもらえることがあります。感謝なことです。

ありますか

ばばばんさん、こんにちは。

>結構ありますよ。現代語解釈<
ん~、なるほど。
訳はなくても、解釈はあるんですね。

般若心経の解釈本は多い感じがしますね。

最近「論語」本をよく見かけます。あんな感じで何らかの経典が出版されれば面白いと思います。
漢字による原文、書き下し文、現代語訳、解説のワンセットで。

No title

りーさん、こんにちは。

昨日返信を書き始めた時に来客があり、その後バタバタしていた為、今日の返信になりました。すみません。


「色不異空 空不異色」の解説はわかりやすいですね。
なるほど!と思ってしまいます。
(僕の場合、本当にわかったのではなく、なんとなくわかった気分になるだけですが)

>般若心経はこの世界に対する「認識論」なのだとか<
これを読んで思い出したことがあります。仏教哲学は、西洋哲学に比肩する、否それ以上に深いと誰かが言っていたことです。
そのあたりの詳しいことはわかりませんが、ふ~んという感じです。

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード