日体大優勝

箱根駅伝にはあまり興味がありません。
毎年することがなくてTVはつけるけど、他に見るものがないから見ている感じです(苦笑)

今回の快挙は日体大ですね。
昨年19位のチームがトップになったのですから。しかも往路復路を制しての完全優勝は素晴らしい。

昨年の1位と19位のタイム差はどれくらいあったのでしょう?
今年のタイムを見てみると1位と18位で30分弱の差があります。仮に同じくらいあったとして、1年で30分の差を縮めたことになります。

あり得ないですね。

どのチームも相当練習しているはずです。箱根駅伝に出場する大学の練習量ってそんなに差があるように思えません。選手の素材も大差はないように思います。であるのに30分の差を縮めたのです。


新聞には躍進の原因にあたる部分をいくつか言及しています。
たしかにそうなんでしょう。駅伝のことはよくわかりませんので、額面通りに受け取っておきましょう。

一方思ったことがあります。駅伝とは団体スポーツであるということ。

根拠はありません。思い付きです。
ただなんとなく、今回の日体大はチームとしての勝利だと思いました。

駅伝は球技と違って、各メンバーが同時に同じ場所で競技するわけではありません。メンバーが一人で走り、終われば次へ引き継ぐ、そして個人記録の足し算で勝敗が決まります。つまり個人競技の延長であって、団体競技ではないというイメージがあります。

そんな僕のイメージを日体大が壊してくれた。そんな感じがします。
ぼや~っとTVを見ながら、今日の新聞を読みながらの感想です。

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード