FC2ブログ

沈黙 ― サイレンス

お正月に見た映画が2本、その感想を今頃書きますが(苦笑)

映画「沈黙 ― サイレンス」

遠藤周作の小説を原作にした映画です。

江戸時代にキリシタン弾圧があり、踏絵を踏まされるというのは学校で習いました。まさにその時代、そのことを中心に描いています。

遠藤周作はカトリックの信仰を持つ人で、キリスト教を題材にした小説がいくつかあります。
僕はこのテーマの作品は「海と毒薬」ぐらいで、あとは戦国ものと狐狸庵先生のユーモアものは少し読んだぐらいです。

映画 沈黙

さて、この「沈黙」。非常に重いです。

宗教迫害とは何なのか。

迫害を受けたときに信仰が保てるのか。

そもそも信仰とは何か。

信仰を捨てるとは・・・

そういったようなことが問われていると思います。

実際に信仰を持つ人には、自分の身に置き換えて見られる方が多いと思いますし、自らのことを問い直す作品かもしれません。

一方、信仰を持たない人には、関係ないかというと、そうではないと思います。
なんらかのポリシー、しかも強いポリシーをお持ちの方や信念を貫いて生きておられる方には、上記の問いかけの「信仰」のところを「ポリシー」や「信念」に置き換え、文章も多少変えて、自らに問いかけられてもいいかもしれません。




ちなみに、僕は映画に出てくる「きちじろう」が、まさに自分だと思います。弱くて、卑怯な人間です。この映画を見た多くの人は、かれを駄目なやつだと裁くでしょう。僕は、そこに自分がいると思って見ていました。

スポンサーサイト
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード