ばらの騎士とバッハ

運転中に聞いているUSBには、お気に入りの曲がいっぱい入っています。

先日聞き終えたのが、R.シュトラウスの歌劇「ばらの騎士」です。

このオペラは大好きで、マイ・フェイバリット・オペラを3曲あげろと言われれば、絶対に入る曲です。CDもそこそこ持っていて、カラヤン(2つ)、バーンスタイン、ハイティンク、クライバー(CD1つとDVD2つ)とあります。

このオペラで初めて買ったCDはカラヤンの新盤で、一番のお気に入りで聞く回数もダントツです。しかし旧盤は持っていたけど一度も聞いたことがありませんでした(苦笑)
このフィルハーモニア管を指揮した旧盤はかなり評価が高いのに・・・

で、それをUSBに入れ、今回初めて聞きました。

ばらバッハ

左上がカラヤン生誕100年を記念して発売されたBOXセットのジャケット、左下がR.シュトラウス作品集からの1枚、どちらも同じ演奏です。どちらの音楽データをPCに入れたかわすれましたが(苦笑)

旧盤は1950年代の録音なので、音があまりよくないというイメージを持っていました。
(音が悪かったり、古めかしいのは好きじゃないんです。これが旧盤を聞こうとしなかった理由の1つ)

実際聞いてみると、それほど悪くもないし古めかしい感じもしませんでした。
そして演奏はというと、GOOD! 素晴らしいですね。新盤は大好きなんだけど、それと甲乙つけがたい感じがしました。名盤とわれることに大いに納得!



写真の右側は、マレイ・ペライアのバッハ作品集からです。
上の方がイギリス組曲、下がパルティータです。チェンバロでなくピアノで演奏しています。

USBでは、オペラやオーケストラ曲の間に1曲ずつサンドイッチのように入れています。

バッハの鍵盤作品をピアノで弾いたのはグールドのものが好きでよく聞きます。それと比べると、ここまで違うのかと解釈というか演奏スタイルの差に驚かされます。けれどもどちらもいいです。

ペライアの表情の柔らかさや優しさ、そして美音。
高音域でも透き通った美しさはたまらない魅力です。バッハにこういう演奏があったのか!という驚きがあります。



ばらの騎士にしろペライアのバッハにしろ、聞き惚れてしまうんですね。運転要注意です(笑)

スポンサーサイト
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード