ルーブル美術展

昨日、京都市美術館で「ルーブル美術館展」を見てきました。

ルーブル1

絵画は、本物が世界に一つしかありません。しかも海外の美術館所蔵のものなら、見る機会は皆無に等しいです。今回日本にきている作品は、ルーブル美術館の一部のものでしかありませんが、こうして本物を見られて幸せです。
展示させている作品で知っているのはフェルメールのものだけです。

ルーブル2

このチケットに印刷されている作品ですね。

それ以外は知らないものばかりですが、それらがしょぼいかというとそんなことはありません。僕の鑑賞眼は話にもなりませんが、ただ見ていいと思うか、そうでもないと思うかという観点からいくと、多くは素晴らしい作品だと思いました。

ただただ驚くのは、描写力の確かさです。

リアルさは半端じゃないですよ、よくぞここまで描けたなと思うのが実に多い。



田舎にいるので、気軽に都会に出てこられません。京都市美術館で絵を見るのも4,5年ぶりです。もっと出てこれたらいいのですが、諸事情が許しません(悲)

スポンサーサイト
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード