寄生虫

「立憲民主党は共産党に牛耳られる」

「これから立憲民主・枝野氏は共産党に頭が上がらなくなる」

その理由とは?

「藤井厳喜が斬る!大手マスコミの偏向報道〜選挙編〜」
スポンサーサイト

自称リベラル

【リベラル】左翼と呼ばれたくない人たちの自称。

これ、池上彰さんの言葉。

まった同感。

外交と安保

今回の選挙における最大の焦点は「外交と安全保障」だと思います。

日本は現在、毎日北朝鮮情勢を分析しています。日本独自の情報にプラスして各国からもたらされる情報を加味して分析しています。
その各国から提供される情報なんですが、特定機密保護法が成立したおかげで、かなり機微な軍事情報を受けることができるようになりました。

もし特定機密保護法が成立していなければ、各国の情報機関が機密情報を日本に出すと、次の日には新聞にでるかもしれないという恐れないしは不安があったので、機微な情報は提供されなかったようです。それがこの法の成立で、情報をだしても大丈夫だということで、各国から情報を得られるようになりました。

このことを河野太郎外務大臣が語っています↓
河野大臣が◎◎な国との外交の内情を大暴露!生田氏が大喜び&ビックリする内容が盛りだくさん!

2分過ぎからご覧ください。

上記以外にも有益な話が聞けます。



安倍首相の外交は戦後の総理大臣の中ではるかに抜きんでています。
そのあたりの凄い話を世耕さんが話しています↓
政策でGO#5 外交~知られざる安倍総理の外交手腕~

ほ~!という話です。


フェイク報道に騙されるな

賃金上昇

↑これは高橋洋一さんの新刊の新聞広告です。

写真左にある「フェイク報道」と「高橋教授の検証結果」を見てください。

ネットで高橋さん言動を追っていますが、常に説得力があります。TVや新聞で広げられているフェイクニュースを見事に論破しています。

北朝鮮解散(2)

なぜ解散がこの時期になったか?

今日から始まった中国共産党大会(1週間ほどあります)
そして
11月上旬から中旬にかけてのトランプ大統領のアジア歴訪。

それが終わるまでは、アメリカは北朝鮮を締めあげていきません。
11月5~6日に日本に来ます。そして韓国や中国に行きます。そこで話されるメインは北朝鮮問題。相当突っ込んだ話になると思われます。(表には具体的なことは出てこないはずです)

アジア歴訪の後、朝鮮半島情勢はかなり緊張していくでしょう。


実際に有事になった場合、日本にどんな影響があるかわかりません。
今回の解散がなければ、来年の12月には衆議院の任期が切れますが、有事の際は相当の混乱が予想されます。選挙どころではなくなるわけです。



安倍さんは、中国共産党大会とトランプ米大統領のアジア歴訪の前は、朝鮮半島情勢が小康状態になると考えて解散に踏み切ったと思います。


プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード