FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒い国から帰ってきたスパイ

1月3日の記事に掲載した写真に、ジョン・ル・カレ「地下道の鳩」が写っています。それを正月休みに読んでいたのですが、“ジョン・ル・カレ回想録”という副題があるように、過去に経験したことが、これこれの小説のこの場面に、この人物に反映されていると書かれていました。
そうなると、実際に小説をいくつか読んだ後に「地下道の鳩」を読んだ方が面白いはずと思いました。以前買っておいてまだ読んでいない本が1冊ありました。

それが「寒い国から帰ってきたスパイ」

寒い国から

スパイ小説の金字塔とされる作品です。

ベルリンの壁をはさんで対峙するイギリス諜報部と東ドイツ諜報部の戦いを描いた作品です。

戦いと言っても武器をもっての戦闘ではありません、神経戦であり情報戦です。
神経を研ぎ澄まして、相手を騙したり罠にかけていきます。
「敵を騙すには、まずは味方から」と言いますが、それもこの作品には織り込まれています。読んでいる時にはわかりません。後でわかります。(読者にバレバレでは作品としては失格ですからね)

スパイものといえばジェームズ・ボンドをイメージするかもしれませんが、この小説にはそんなスーパースターは登場しません。派手な活劇もありません。
その道のプロにはなっても、あくまでも凡人が登場します。

作者のジョン・ル・カレは、イギリスの諜報員でした。実際に経験したことや見聞きしたことが織り込まれています。「地下道の鳩」を読んでそう思います。諜報員は引退しても守秘義務があります。だから事実は書けませんが、フィクションにして姿かたちを変えて書いていると思います。

そうして小説を組み立てていき、細部も描いていくんでしょうね。
すごく面白い小説でした。ぐいぐいと引き込まれていきました。


そして、次も読んでみたくなりました。それが写真左の「ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ」
です。


帯にある映画化云々に騙されてはいけませんよ(笑)
2012年発行の本を中古で買ったのですから。
スポンサーサイト

PLAYBACK

「プレイバック」と言えば、我らおじさん世代では、山口百恵の「プレイバック」です。

うん十年ぶりに聞こうかなと思ってYouTubeで検索すると出てきました。
プレイバックPart2(1978年5月1日)/山口百惠  

Part 2 の方しか知らなくて、Part 1 も聞いてみました。やっぱり聞いたことがありません。というか、山口百恵はファンではなかったので、ヒットしてTVで流れた曲しか知らないですからね(苦笑)


今日取り上げる「PLAYBACK」は小説の方です。日本語タイトルは「プレイバック」。
レイモンド・チャンドラー 作、村上春樹 訳 のミステリー小説です。
(1月3日にアップした記事に写真を掲載していますが、その右下にある本です)

そもそもミステリー小説が興味の対象でなかったのですが、村上春樹が翻訳しているということでレイモンド・チャンドラーの作品を読み始めました。

彼の作品で、村上さんが翻訳している私立探偵の“フィリップ・マーロウ”ものは、これが6作目になるそうです。

最初に読んだ「ロング・グッドバイ」から、フィリップ・マーロウに引き込まれました。
鋭い頭脳は持っていますが、クールでもスマートでもありません。どんくさい一面も持っていて、よせばいいのに深入りするからとんでもない目にあったりします。仕事の依頼内容を超えて行動することが原因の一つでもあります。しかし、それがミステリアスな事件の全容解明の糸口になったりもします。

マーロウの語り口も独特で、持って回ったような言い方からユーモアや皮肉などを含んでいます。これがマーロウものの楽しみの一つでもあります。

癖になるとやめられない。これがこのシリーズの特徴で、今回の「プレイバック」も大いに楽しませていただきました。


今年1冊目となった本の感想です。
今年は、読んだ本の紹介と簡単な感想を書いていこうと思っています。(1年間ずっと続けられたらいいのですが・・・・、あまり自信がない・・苦笑)
 

スタートダッシュ

お正月はいかがお過ごしですか。

こちらは、親戚に行ったり来たり、新年会に行ったりといつも通りのお正月を過ごしています。それ以外の空き時間はのんびりしています。TVはほとんど見ません。面白いのがないのと、見ること自体が疲れるからです。
で、何をしているかというと、だいたい読書をしています。暇を持て余すので、時間つぶしの為に本を読んでいます(苦笑)

それと、読書目標の為です(笑)
今年は、50が死守ラインで(大袈裟な言い方ですが・・・)、再読含めて70を達成したいと思っています。

最初の本

常に併読していますが、お正月はいつもより欲張っています。

昨年から読んでいる本、正月になってから読み始めた本、今から読もうと思っている本が写真に写っています。

明日から仕事をしますが、ぼちぼちと始めます。来週月曜日から本格スタートです。だから6日まで読書に時間が取れます。70冊いう目標に向けてスタートダッシュします。


有川浩の小説は久しぶりです。「ヒア・カムズ・ザ・サン」は数年前に買っておいて本棚でほこりをかぶっていました(苦笑)

レイモンド・チャンドラーの「プレイバック」は年末に買い求めておいたもの。今、これを読んでいます。

なんとか目標達成

読書目標の50冊をなんとか達成できました。

ほっとしています(苦笑)


数だけはクリアしましたが、中身のある読書だったかどうか・・・
あまり自信がありません。

夏頃だったか秋になってか、来年は再読もカウントに入れて数値目標を立ててもいいのではないかと思うようになりました。
何でもかんでも再読するのではなく、そうする価値ある本だけ再読します。少しでも多く自分の血肉とする為です。


さて年末,、目標達成の為にねじ込むようにして読んだ本は
  ↓
50冊

遠藤誉 「毛沢東」

日中戦争において、毛沢東率いる八路軍は日本とまともに戦闘していません。タイトルにあるように、日本軍と共謀していました
蒋介石の国民党軍と日本を戦わせ、両軍を疲弊させる戦略でした。

詳しくは本書をお読みください。
日本軍の進攻に感謝する
という言葉を発した意味がよくわかります。


三田一郎 「科学者はなぜ神を信じるのか」  

まさにタイトルに魅かれて買いました。
信仰を持たない一般的日本人は、「神」をどのようにとらえているのでしょう?
おそらく本書でいう「神」と違うような気がします。

天文学や物理学の最先端にいる科学者が、神をどうとらえていたのか、を柱にした本だと理解しました。
コペルニクス、ガリレオ、ニュートン、アインシュタイン、ボーア、ハイゼンベルク、ディラック、ホーキングといった一流の人達が登場します。
彼らの学説と、神をどうとらえていたのか、また信じていたのかを解説しています。

学説の説明は丁寧にされていますが、いかんせん文系の頭では理解できません(苦笑)
けれども、ちょっとだけわかったような気分が味わえます。


倉山満 「日本国憲法を改正できない8つの理由」   

護憲派の人が喜びそうなタイトルですね。
これは、護憲派は勿論改憲派の人にも読んでほしい本です。
憲法とは何か、改憲とは何かについて基本のところを教えてくれる本だと思います。

来年秋以降、憲法改正が具体的な政治日程に上がってくるでしょう。国会発議のあと国民投票になりますが、実際そこまでいくかどうかわかりません、けれども国民投票となった場合には、あなたが一票を投じなければなりません。その時に参考になる本の1冊になると思います。

あと3冊

少ない時間を何とかしてあと3冊にこぎつけました。

46冊目が、施光恒 著 「本当に日本人は流されやすいのか」

47冊目が、亀山郁夫、沼野充義 著 「ロシア革命100年の謎」


施光恒さんの名前を知ったのは今年の秋頃、いつものように書店でぶらぶらしていて「本当に~」を見つけました。
初めは「あー、施さんはこんな本を書いているんだ」と思いました。日本人論は結構好きなので、そういう類かなと思いつつ、一方で、日本人は本当に流されやすいのかというときかけが気になりだしました。実際に手に取ってパラパラとページをめくっていくうちに、読みたくなっていきました。

結果、買って正解でしたね。

欧米基準でいくと、日本人は周囲に流されやすいからダメなんだとか、周囲に流されない「個の確立」が必要なんだとか言われますが、施さんはそうではないと批判します。日本人独自のよさや、しっかりと確立されている自己があるのだと主張します。その形成過程が書かれていて、かなりの説得力があります。

まさに目に鱗の論調でした。欧米基準でない、日本人のよさを教えてくれます。


“グローバル・スタンダード”で日本人の意識や価値判断を変えていこうとすることが、日本人の心の問題の大きな原因になっていないだろうか?
そう問いかけています。心理学の言説を引用して。これも説得力があります。
さらには、「リング」という小説や映画を引用しての話もあります。

などなど、色々と示唆に富む内容でした。

あと3冊


共産主義とは何か? ロシア革命とは何か? という問題意識があったので、亀山さんと沼野さんの本を買いました。

両人ともロシア文学や芸術に関して該博な知識があります。それを縦横無尽に駆使して、ロシア革命に至る道や革命後からソ連崩壊あたりまで語りつくされます。
政治については少なく、文学その他の芸術分野について多くが語られています。

残念ながら基本知識がわずかしかないので、この本についていくことができませんでした。もし、相当量の知識があれば、すごく面白く読めるんだろうなと思います。

ロシアには関心があるので、今後いろんな本を読んでいって、知識が増え、それなりのロシア観ができてからこの本を読むと、どんな感想をもつだろう?
散りばめられた宝石を見つけるような楽しみが味わえるのではないかと予想します。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。