FC2ブログ

日本書紀入門

ふらりと書店に寄ったら、こんな本がありました。
   ↓
日本書紀入門

即、買いですよ(笑)


70ページほど読みました。面白いですよ。
スポンサーサイト



古事記もの

4月1日、新元号「令和」の出典が万葉集と知ってから、俄然「記紀万葉」に関心を持つようになりました。

読みかけの本や読みたい本をあらかた片付けてから、古事記ものを読み始めました。

古事記もの

左から読み始め、2冊を終え、今3冊目です。


面白いです!

寒い国から帰ってきたスパイ

1月3日の記事に掲載した写真に、ジョン・ル・カレ「地下道の鳩」が写っています。それを正月休みに読んでいたのですが、“ジョン・ル・カレ回想録”という副題があるように、過去に経験したことが、これこれの小説のこの場面に、この人物に反映されていると書かれていました。
そうなると、実際に小説をいくつか読んだ後に「地下道の鳩」を読んだ方が面白いはずと思いました。以前買っておいてまだ読んでいない本が1冊ありました。

それが「寒い国から帰ってきたスパイ」

寒い国から

スパイ小説の金字塔とされる作品です。

ベルリンの壁をはさんで対峙するイギリス諜報部と東ドイツ諜報部の戦いを描いた作品です。

戦いと言っても武器をもっての戦闘ではありません、神経戦であり情報戦です。
神経を研ぎ澄まして、相手を騙したり罠にかけていきます。
「敵を騙すには、まずは味方から」と言いますが、それもこの作品には織り込まれています。読んでいる時にはわかりません。後でわかります。(読者にバレバレでは作品としては失格ですからね)

スパイものといえばジェームズ・ボンドをイメージするかもしれませんが、この小説にはそんなスーパースターは登場しません。派手な活劇もありません。
その道のプロにはなっても、あくまでも凡人が登場します。

作者のジョン・ル・カレは、イギリスの諜報員でした。実際に経験したことや見聞きしたことが織り込まれています。「地下道の鳩」を読んでそう思います。諜報員は引退しても守秘義務があります。だから事実は書けませんが、フィクションにして姿かたちを変えて書いていると思います。

そうして小説を組み立てていき、細部も描いていくんでしょうね。
すごく面白い小説でした。ぐいぐいと引き込まれていきました。


そして、次も読んでみたくなりました。それが写真左の「ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ」
です。


帯にある映画化云々に騙されてはいけませんよ(笑)
2012年発行の本を中古で買ったのですから。

PLAYBACK

「プレイバック」と言えば、我らおじさん世代では、山口百恵の「プレイバック」です。

うん十年ぶりに聞こうかなと思ってYouTubeで検索すると出てきました。
プレイバックPart2(1978年5月1日)/山口百惠  

Part 2 の方しか知らなくて、Part 1 も聞いてみました。やっぱり聞いたことがありません。というか、山口百恵はファンではなかったので、ヒットしてTVで流れた曲しか知らないですからね(苦笑)


今日取り上げる「PLAYBACK」は小説の方です。日本語タイトルは「プレイバック」。
レイモンド・チャンドラー 作、村上春樹 訳 のミステリー小説です。
(1月3日にアップした記事に写真を掲載していますが、その右下にある本です)

そもそもミステリー小説が興味の対象でなかったのですが、村上春樹が翻訳しているということでレイモンド・チャンドラーの作品を読み始めました。

彼の作品で、村上さんが翻訳している私立探偵の“フィリップ・マーロウ”ものは、これが6作目になるそうです。

最初に読んだ「ロング・グッドバイ」から、フィリップ・マーロウに引き込まれました。
鋭い頭脳は持っていますが、クールでもスマートでもありません。どんくさい一面も持っていて、よせばいいのに深入りするからとんでもない目にあったりします。仕事の依頼内容を超えて行動することが原因の一つでもあります。しかし、それがミステリアスな事件の全容解明の糸口になったりもします。

マーロウの語り口も独特で、持って回ったような言い方からユーモアや皮肉などを含んでいます。これがマーロウものの楽しみの一つでもあります。

癖になるとやめられない。これがこのシリーズの特徴で、今回の「プレイバック」も大いに楽しませていただきました。


今年1冊目となった本の感想です。
今年は、読んだ本の紹介と簡単な感想を書いていこうと思っています。(1年間ずっと続けられたらいいのですが・・・・、あまり自信がない・・苦笑)
 

スタートダッシュ

お正月はいかがお過ごしですか。

こちらは、親戚に行ったり来たり、新年会に行ったりといつも通りのお正月を過ごしています。それ以外の空き時間はのんびりしています。TVはほとんど見ません。面白いのがないのと、見ること自体が疲れるからです。
で、何をしているかというと、だいたい読書をしています。暇を持て余すので、時間つぶしの為に本を読んでいます(苦笑)

それと、読書目標の為です(笑)
今年は、50が死守ラインで(大袈裟な言い方ですが・・・)、再読含めて70を達成したいと思っています。

最初の本

常に併読していますが、お正月はいつもより欲張っています。

昨年から読んでいる本、正月になってから読み始めた本、今から読もうと思っている本が写真に写っています。

明日から仕事をしますが、ぼちぼちと始めます。来週月曜日から本格スタートです。だから6日まで読書に時間が取れます。70冊いう目標に向けてスタートダッシュします。


有川浩の小説は久しぶりです。「ヒア・カムズ・ザ・サン」は数年前に買っておいて本棚でほこりをかぶっていました(苦笑)

レイモンド・チャンドラーの「プレイバック」は年末に買い求めておいたもの。今、これを読んでいます。

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード