教育勅語

今話題の「教育勅語」、元ネタは中国の商人道徳訓だったらしくて、それが日本に輸入され、商人の道徳訓になり、さらにいくらかの変遷を経て教育勅語になったそうです。

これを聞いた時「ふ~ん」と思いました。

ところで、僕自身一度も読んだこともなく、内容を全く知らないんですね。
この際、読んでみようと思いました。というのも森友問題から派生して、民進党はじめ野党が騒ぎ出しています。マスコミもこれに便乗して騒ぎ出すかもしれません。

教育勅語そのものを読まず、あれこれ聞くことなかれ、語ることなかれ、と思うわけです。



敎育ニ關スル勅語

朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世々厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ敎育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ徳器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重ジ國法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン
斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ
明治二十三年十月三十日
御名御璽


<現代口語訳>
私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。
そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。
国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や秩序を守ることは勿論のこと、国家に非常事態発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。
そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるだけでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。
このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。
スポンサーサイト

龍馬の墓

坂本龍馬展の後、龍馬の墓へ行きました。

龍馬の墓が京都の東山にあると知ったのは20代の半ば、それから〇〇年経ちました。いつかは行きたいと思いながら行けず、ようやく行くことができました。

場所は東山の四条と五条の間です。
四条通を東へ行くと、どんつきは八坂神社になります。その南になります。そして高台寺の東側になります。高台寺はねね、北政所ゆかりの寺です。

龍馬05

龍馬06

龍馬08

↓龍馬だけの墓があるのではありません。ここは有名無名の幕末の志士たちの墓なのです。

龍馬09

龍馬11

↑龍馬と中岡慎太郎の銅像です。この隣に墓があります。両者の墓は隣り合わせです。


ようやく行くことができて、感無量でした。



この場所からの京都は素晴らしい眺めでした。

龍馬10



ちょっとおまけ(笑)

龍馬12

龍馬の墓に行った後、ぷらぷら歩いていると舞子さんがいました。ちょっと後姿を。

坂本龍馬展

坂本龍馬展に行ってきました。

場所は京都国立博物館です。

龍馬

↑これ、正門なんですが、入口にはなっていません。出口です(笑)
こののすぐ近くのコインパーキングに駐車しました。そこから撮った写真です。


龍馬02

↑この建物を横に見ながら、入口から真直ぐ歩きます。

するとこんなものが↓

龍馬01


龍馬03

↑さっきの出口の写真を内側から撮ったのがこれ


↓展示は平成知新館という建物です。その入口から撮りました。

龍馬04


↓チケットと音声案内

龍馬チケット


没後150年を記念しての展示会でした。

目玉は龍馬直筆の手紙でしょうか。ただ残念なのが、僕自身それを見るありがたみを感じていないこと。

司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んで、坂本龍馬ファンになりましたが、上っ面のファンで、人となりを深く突っ込むとか、行動を追いかけたり、手紙を読み込んだりしたことがありません。
龍馬はかなり筆まめな人で、百通以上の書簡が残っています。それについての本も出版されています。それを読んでいれば、今回の展示が数倍面白かっただろうなと思うのです。

下準備が不足していましたね。

立場主義社会

「俺の立場になってくれよ」とか「立場上しかたないよ」という言葉を聞いたことありませんか。

安冨歩さんがこの「立場」という言葉をキーワードに、日本社会の病巣をえぐり出しています。

「今の日本の社会は、『立場主義社会』と呼ぶべきだと思っています。
私たちの国の正しい名はおそらく、
日本立場主義人民共和国』です。

    (中略)

日本立場主義人民共和国の憲法、これが私が『立場主義三原則』と呼んでいるものです。

前文、『役』を果たせば『立場』が守られる。

第1条、『役』を果たすためには何でもしなければならない。

第2条、『立場』を守るためなら、何をしてもよい。

第3条、他人の『立場』を脅かしてはならない。

この3つさえ守れば、日本では平和に生きていけます」
     (安冨歩「満洲暴走 隠された構造」P180~181)


戦前の満洲での暴走を記述した箇所では、こうも書かれています。

自分の立場を守ったり、他人の立場を脅かさないために、いろんな政策が決定されていく。 ~ 筋道が通ってなくても、効果がないどころか逆効果でも、だれかの立場を守るためなら、それらが延々と実行されます」 (P182)



立場上しかたがないということに関して

「自分がその『立場』に立ったとき、同じことをするかもしれない。同じことしかできないかもしれない、という怯えが、心の中にあるのです。
『立場上、仕方ない』
この言葉ほど、私たちの心に響く言葉があるでしょうか」

銅鐸

井沢元彦の「逆説の日本史 22 明治維新篇 西南戦争と大久保暗殺の謎」がようやく読めました。

この本は372ページまでは表題にある内容で書かれていますが、373ページから522ページまでは補遺編となっています。
その中で、ほ~!と思ったのは銅鐸について書かれた箇所でした。


「ご存じだろうか? 
銅鐸というのは現在の鋳造技術を超える『超ハイテク古代技術』で作られているのだ

現在までに発見されている銅鐸は約500点でほとんどが西日本から出土しているが、そのうち最大のものは滋賀県野洲市の大岩山遺跡で発掘された大山岩1号銅鐸で

高さ134㎝、重量45kgに達する。ところがこの銅鐸の厚さは約3mmから5mmというまさにとんでもないサイズなのだ。

現代の鋳造技術でもこれは復元できないという」(P378)

えっ?という感じですね。
小学3年生の平均身長で、9歳6ヶ月で男子が133.2㎝、女子が133.1㎝です。それぐらいの高さがあって、その厚みが3~5ミリメートル。3~5センチではないのです。

薄っ‼

本当のすごさはわからないけど、この薄さには驚きました。



さて、銅鐸最大の謎はなんでしょうか?
それは、名前がないことだそうです。

銅鏡には「かがみ」、銅剣には「つるぎ」、銅矛には「ほこ」という大和言葉としての呼び名が存在し、古事記にも出てきます。けれども銅鐸は一切登場しないそうです。

近代になって考古学者が、中国の比較的よく似た遺物「鐸(鐘)」にちなんで、銅製の鐸すなわち銅鐸と呼ぶようになったそうです。


この謎を解こうとして井沢さんは推論していきます。説得力のある推論をしています。興味ある方は読んでみてください。

逆説日本史22
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード