ブルックナー/交響曲第5番

僕がブログを始めたのは〇年前です。

たぶん10年くらいかな・・・
記憶が定かではありません(苦笑)
ただ、クラシック中心であることははっきりしています。そして、いろんなクラシックブログを訪問しました。これまで雑誌等で評論家の書く文章しか読んだことしかなかったのが、一愛好家の文章をたくさん読めたのがよかったと思います。また、学ぶことも多くありました。

ミチョランマ」という言葉もそこで知りました。

造語で、“未聴”と“チョモランマ”の合成です。
CDをたくさん購入するが、未聴のものがだんだん増えていき、チョモランマ(エベレスト山)のように高く積まれる。という意味であると、僕は理解しています。


いつ頃か、通販で激安のBOXセットがあることを知って、買い求めるようになりました。
名盤と言われるCDがかつての10分の1近くの価格で手に入るようになったのです。

嬉しくてたまりません。ちまちまとしたペースで買っていきましたが、知らぬ間に未聴のCDが・・・

そう、ミチョランマになったのですね(笑)


これを解消しないといけません。
その方法が、音楽データをUSBに入れて車で聞くことです。


前置きがとても長くなりましたが(苦笑)

今回取り上げるのは
ブルックナーの交響曲第5番 
指揮:オイゲン・ヨッフム
演奏:コンセルトヘボウ管 (1986年ステレオ・ライヴ)

ブル5 ヨッフム

いつ買ったか覚えていません。5年以上前だと思います(苦笑)

今回日の目を見ました(???)

名盤の誉れ高いものですが、確かに名演です。
ブルックナーは大好きですが、5番は好んで聞く曲ではありません。演奏によって退屈することもあります。しかし、このヨッフム盤は退屈させませんでしたね。ぐっと引き付けて離しませんでした。

解釈がどうのとか、技術がどうのというのはわかりません。ただ心に訴えてくるかどうかがポイントだと思っているので、この演奏は素晴らしいの一言をつけたいですね。

スポンサーサイト

ブラームス/交響曲第4番

ブラームスの交響曲第4番を初めて聞いたのは、ウィーン・フィルの来日公演でムーティの指揮によるもの。嫌いというわけではないが、全く好きになれなかった。

その後記憶にあるのは、カルロス・クライバー/ウィーン・フィルの演奏、すごく話題になっていて、好きな曲じゃないけど聞いてみようかなと思って、FMで流れたものをカセットテープに録音した。何度か聞いたがやはり好きになれなかった。

以後、数種類の演奏を聞いたが、印象はほとんど変わらなかった。おそらく一生変わらないだろうと思った。

転機になったと考えていいのかな?
昨夏の京響の定演。指揮者の広上淳一がブラームスの3番を「美しい曲」と表現した。4番にも言及した。ここでも「美しい」という表現を使ったと思う(ちょっと記憶が曖昧)。
何か目が覚めたような気がした。

コリン・デイヴィスがブラームス/交響曲第4番を指揮した演奏が素晴らしい。初めてこの曲がいいと思えた演奏。去年のいつ聞いたは覚えていない。ひょっとしたら夏以前かもしれないし、秋だったかもしれない。

コリン・デイヴィス 1

↑THE SYMPHONIES とありるが、交響曲ばかりではない、管弦楽曲も含んでいる。(協奏曲は入っていない)54枚のBOXセット。

お目当ての曲がいくつかあって購入したが、ブラームスの4つの交響曲は眼中になかった(苦笑)

買った以上はなるべく聞くようにしようと思い、一種ルーティンワークのように聞いていったCDの1枚であったが、この4番の演奏が始まって、すぐに引き込まれた。

響きが美しい。

4番でこんなに美しい響きの演奏は、今まで聞いた限りではない。

あっという間にとりこに。


それ以来この演奏を数回聞いている。他の演奏は聞かない。
ちなみにオーケストラはバイエルン放送響。この演奏には、音や響きの美しさだけではない。その他うまく表現できないが、音楽の美しさそのものがあると思う。

ドン・カルロ

今、車の運転中にで聞いている曲が、ヴェルディ「ドン・カルロ」

昨年か一昨年、USBにヴェルティのオペラとバルトークの管弦楽曲を入れて、車で聞きました。その時にも「ドン・カルロ」を聞いているのですが、特にいいなと思わなかった・・・と思います。しかし、今はすごくいいなと思っています。

ドン・カルロ

理由なんてありません(笑)

同じ曲同じ演奏でも、いいと感じるときはあるんです。その逆で普通な時もあるのです。(いい演奏で、これはダメだ、しょうもない演奏だと思うことはありませんね)

「ドン・カルロ」はフランス語版もあるのかな?
何かで読んだ記憶があります。なんとなくフランス語っぽいです。
これは、オペラの言葉を全く重視せず、ただメロディだけを聞いている証拠ですね(苦笑)

まあ、いいんです。聞いていて幸せな気分になれたら。

ちなみに指揮はクラウディオ・アバドスカラ座の演奏です。

ドン・ジョヴァンニ(クレンペラー)

CDをデータ化してUSBに入れ、車で聞いていることは、このブログで何回も書きました。

今聞いているUSBの中には、クレンペラーが指揮したモーツァルトのオペラ4曲が入っています。
(下の写真に記載してある曲名順にいうと「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「コシ・ファン・トゥッテ」「魔笛」)

クレンペラーのモーツァルト

先日の京都行きの時は、「ドン・ジョバンニ」がかかっていました。昔から名盤の一つとして数えられてきた演奏です。

たしかにいい演奏ですね。

若かりし頃(たぶん高校生か大学生のとき)このオペラを聞いて以来、どうしてもなじめず、とういうか好きになれずにいたのが、昨年聞いたクーペリックのCDでようやくいいなと思えるようになりました。そして今回のクレンペラー、これもいいですね。

何かの機会にこのオペラを聞きたくなったら、どちらかを聞きますね。どっちにするかは、その時の気分次第(笑)

プレトークより

1週間前になるので、だいぶ忘れてきましたが、京響定演でプレトークがあり、広上さんが話したことを書きます。

広上さんが高校3年の時、ラジオ講座を使って勉強していてしました。そのオープニングにかかっていた曲が「大学祝典序曲」の一部で、当時は誰のなんという曲がを知らず、後で知ったそうです。
僕と広上さんは年齢が近く、ラジオ講座という言葉に懐かしさを覚えました。今は、大学受験のためのラジオ講座ってあるんですか?
ネットを使ってPCやスマホでやるが当たり前になっているので、もうないかもしれませんね。


ピンカス・ズッカーマンはベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲は完ぺきに頭に入っているようだ、と広上さんが言っていました。
リハーサルの時に、ソロがない場面で、第1ヴァイオリンのメロディを弾いたり、第2ヴァイオリンのところやヴィオラの箇所かを弾いていたと。
「へ~!」驚きでしたね。

そしたら、本番でもソロ以外の場面でオーケストラパートのところを弾いていましたね。第1ヴァイオリンが第2かしらないけど(笑)

僕自身、オーケストラのコンサートはそんなに行っていません(田舎に引っ込んでから、なかなか機会がありません)。
ヴァイオリン協奏曲は僕にとっては、初めての生演奏です。何十人もいるオーケストラに対してたった一人のヴァイオリンで、音が聞こえるかなと思っていたのですが、結構聞こえましたね。


ブラームスの3番は、4曲ある交響曲の中でも演奏回数が少ない曲です。広上さん自身も他の3曲と比べて少ないようです。色々と理由があって指揮をすることを避けてきたようですが、今回勇気をもって取り上げたと言っていました。

広上さんはこの曲を「美しい曲」と表現していました。いい意味でも黄昏の美しさがあると。
「ほ~‼」と思いましたね。

僕自身、この3番は好きになれない曲なんです。1番と2番は好きなんだけど、3番と4番は苦手です。
それが「美しい曲」という言葉に、あっ、そうか、美しい曲として聞けばいいんだなと思わせてくれました。発想の転換ならぬ〇〇の転換でした。

〇〇には何が入るでしょう? 今、適切な言葉が見当たりません(苦笑)

おかげて、気持ちよくこの曲が聞けました。感謝です。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード