トランプ革命

フランス大統領選が今日あります。日本時間の8日未明に結果が判明するそうです。

新聞報道によりますと、6対4ないしは7対3でマクロン優勢だそうです。結果もおそらくそうなるでしょう。
けれどもマスコミの報道をそのまま鵜呑みしていいのかという疑問があります。そのいい例がアメリカ大統領選です。
アメリカのメイン・ストリーム・メディアが反トランプであるために、意図的に偏向報道していました。日本のメディアはそれを批判的に検証するのではなく、まさに鵜呑みして報道しました。
そういうことがあるので、ふたを開けてみなければわからないという気持ちが半分ほどあります。

そんな中、藤井厳喜「トランプ革命で復活するアメリカ 日本はどう対応すべきか」を取り上げます。

藤井さんはマスコミや専門家がクリントン勝利と言っているなか、全くぶれずにトランプ勝利を言い続けた人です。
なぜぶれずにおれたのか、そのエッセンスがこの本に書かれていると思います。

また、なぜ今日わざわざ取り上げるのか。
昨年のEU離脱をめぐるイギリスの国民投票、アメリカ大統領選そしてフランス大統領選におけるマリーヌ・ルペンの躍進。この3つに代表される世界の潮流を知るヒントがあると思ったからです。

トランプ革命

まずはこの図式です。

グローバリズムに対する新ナショナリズム。

エリート主義に対する大衆主義

ナショナリズムとは、ネイション・ステート(国民国家)を基礎とした国家主義あるいは国民主義のことです。

EUはもはやドイツ帝国と化しているようです。そしてブリュッセルに本部を置くEUは強大な官僚組織です。その官僚は選挙で選ばれたわけでもないのに、次々と国民生活をがんじがらめにする規制を各国に押し付けてくるそうです。

イギリスはそれに対する反発と自らの国家の自己決定権を取り戻そうという大きな流れがあったようです。

ルペン支持者には、そうした人達が多いのではないかと僕は思います。

それから、エリート主義ですが、一国の運営はエリートに任せておけばうまくいくという考え方です。しかし今やエリートは信用を失っています。一般の国民大衆が直接政治に参加すべきだとうのがポピュリズムの考え方です。

ここで注意すべきは、ポピュリズムは大衆主義のことであり、「大衆迎合主義」ではないことです
日本では大変誤解されていますね。


話をアメリカに持っていくと、トランプとクリントンを単純化すると次の図式になります。
左がトランプ、右がクリントンです。

ナショナリズム ⇔ グローバリズム

大衆主義 ⇔ エリート主義

草の根市民の支援 ⇔ 多国籍企業の支持

インターネット市民 ⇔ 大マスコミ(メイン・ストリーム・メディア)

国家再建 ⇔ 国家破壊

国境重視 ⇔ 国境無視

テロに厳格 ⇔ テロに寛容

キリスト教擁護 ⇔ 無神論拡大

という感じになります。


グローバル経済によって、アメリカなど先進国の労働者の賃金が引き下げられます。勤労者階級や中産階級がどんどんと貧困化していきます。恩恵を受けるのは富裕層だけという感じです。その不満がかなり大きかった。これはフランスにおいても同じでしょう。

フランスはEU内は移動が自由ですから、移民や難民に混じってテロリストが入ってくる。治安の悪化とテロの恐怖。これらがルペン躍進の原動力の一つでしょう。

「極右」というレッテルで、目を曇らされていないでしょうか?




クリントンのとんでもない裏面が、この本に書かれています。機会があれば紹介します。
それでは。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして。
珍しく正しいトランプ評論をみたのでコメントさせて頂きます。

仰る通りトランプ大統領はアメリカの草の根市民の代弁者です。私はこのことを江崎道郎氏とランダム・ヨーコさんの情報で知りました。彼らは草の根保守(grassroots conservatives)と表現していました。

アメリカも日本もマスコミはレッテル貼りが得意ですが、ネットではそれを即座に検証・論破・拡散が出来ます。良い時代になったと思います。

今後ともよろしくお願いいたします

会社員(30)さん、こんにちは。

初めまして。コメント感謝です。
そして、内容を評価していただいてありがとうございます。

世の中の事象を色眼鏡で見ず、できるだけ正確にとらえたいと思っています。
とは言っても、普通の仕事をしている人間がその仕事をほっといて、記者やジャーナリストのように現場を取材していくわけにはいきません。
となると、信頼できる人を複数人見つけて、そこを立脚点にするしかないと思います。
それが会社員(30)にとっては、江崎道郎さんやランダム・ヨーコさんなのではないかと思います。(違っていたらごめんなさい)
僕の場合は、藤井厳喜がその一人です。それもネットでこの人を知ることができました。
たしかにいい時代になったと思います。


勝手気ままに書くブログですが、今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード