プレトークより

1週間前になるので、だいぶ忘れてきましたが、京響定演でプレトークがあり、広上さんが話したことを書きます。

広上さんが高校3年の時、ラジオ講座を使って勉強していてしました。そのオープニングにかかっていた曲が「大学祝典序曲」の一部で、当時は誰のなんという曲がを知らず、後で知ったそうです。
僕と広上さんは年齢が近く、ラジオ講座という言葉に懐かしさを覚えました。今は、大学受験のためのラジオ講座ってあるんですか?
ネットを使ってPCやスマホでやるが当たり前になっているので、もうないかもしれませんね。


ピンカス・ズッカーマンはベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲は完ぺきに頭に入っているようだ、と広上さんが言っていました。
リハーサルの時に、ソロがない場面で、第1ヴァイオリンのメロディを弾いたり、第2ヴァイオリンのところやヴィオラの箇所かを弾いていたと。
「へ~!」驚きでしたね。

そしたら、本番でもソロ以外の場面でオーケストラパートのところを弾いていましたね。第1ヴァイオリンが第2かしらないけど(笑)

僕自身、オーケストラのコンサートはそんなに行っていません(田舎に引っ込んでから、なかなか機会がありません)。
ヴァイオリン協奏曲は僕にとっては、初めての生演奏です。何十人もいるオーケストラに対してたった一人のヴァイオリンで、音が聞こえるかなと思っていたのですが、結構聞こえましたね。


ブラームスの3番は、4曲ある交響曲の中でも演奏回数が少ない曲です。広上さん自身も他の3曲と比べて少ないようです。色々と理由があって指揮をすることを避けてきたようですが、今回勇気をもって取り上げたと言っていました。

広上さんはこの曲を「美しい曲」と表現していました。いい意味でも黄昏の美しさがあると。
「ほ~‼」と思いましたね。

僕自身、この3番は好きになれない曲なんです。1番と2番は好きなんだけど、3番と4番は苦手です。
それが「美しい曲」という言葉に、あっ、そうか、美しい曲として聞けばいいんだなと思わせてくれました。発想の転換ならぬ〇〇の転換でした。

〇〇には何が入るでしょう? 今、適切な言葉が見当たりません(苦笑)

おかげて、気持ちよくこの曲が聞けました。感謝です。
スポンサーサイト

法律違反の告示

大学新設に関して文科省は認可制度をとっています。

認可制度があるということは、申請することは自由です。

しかし文科省は、獣医学部新設の申請を受け付けないという告示を出しています。

「告示」はググってもらったらいいですが・・・
省庁が法令に基づいて出す文章です。文科省でいえば、学習指導要領が告示の一例です。

その告示ですが、法令に基づいて出されるべき告示が、法律違反の疑いが強いのです。

認可制度を取るということは、申請は自由であるべき。でも申請を受け付けず門前払いをする。
文科省が行政指導でそのようにしている。

どう思いますか?



加計学園の問題、新聞の偏向ぶりはひどいので、ネットであれこれ見たり聞いたりしました。
その中でこれ↓が一番わかりやすいです。

加計学園問題


クリックして聞いてください。

久しぶりのオーケストラ

地方の田舎に住んでいるので、プロのオーケストラが近くにありません。だから生のオーケストラ演奏は何年も聞いていません。

「聞きないな!」と思い続けて〇年、いや〇〇年かもしれません。
昨年2月に人生初のオペラを聞きました(観ました)が、それをきっかけに今度こそオーケストラを!と思っていました。

別に外国のオケにこだわっているわけではないので、国内のオケで十分。
じゃあ、どこにするか?

第1候補になるのが、京都市交響楽団。

なぜか?

学生時代を過ごした街、京都。年1回は京都の街の空気が吸いたい。だから、何かと理由をつけて京都に行こうとするのです(笑)

京都市交響楽団のHPを昨年からチェックして、日曜日であることと指揮者、曲目の3条件がクリアできるものを探していました。
そして見つけたのがこれ↓
京響04

日付は7/16、指揮者は広上淳一。ここまでバッチリです。
ブラームスの大学祝典序曲、交響曲第3番とベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲。ソリストがピンカス・ズッカーマン。

「なに!  ピンカス・ズッカーマン!」

HPでこれを見たとき、びっくりしました。この人が京響と共演すること自体驚きでした。

即、決定でしたね。これほどのビッグ・ネームの人の演奏が生で聞けるなんて、そうそうあり得ないですよ。



ということで、今日はここまで。続編の予定あり。

暑い

毎日暑いですね。

頭がくらくらします(苦笑)


今日から三連休ですが、楽しみが一つあります。

あとから報告しますね(笑)

告示と石破

NHKで放送された加計問題の閉会中審査を見ていました。

問題だと思ったのは、文科省の告示と石破さんです。

「加計学園ありき」が問題だと前川さんが言っていますを、10年も前から愛媛県が熱心に(というか、切実な思いで)獣医学部新設の働きかけをしていました。

安倍さんが総理になる前からです。この時点で加計学園ありきという前提が崩れます。


獣医学部をという愛媛県の働きかけに対して、文科省は一切認めません。
これは獣医師会と文科省の癒着があり、獣医師会の働きかけで文科省か設置認可をしてきませんでした。

文科省の告示(法令に基づかないものですが、かなり効力を持つもののようです)で、獣医学部新設を認めていません。

岩盤規制の最たる例でしょう。

こうした岩盤規制を突破するのが、国家戦略特区でしょう。


獣医学部新設に関してワーキンググループの議論がありました。これは公開されているそうです。ネットで見ることができるとのこと。

それを読む限りにおいて、何ら行政がねじ曲げられている形跡はないようです。

更には、総理の意向も何もないようです。

ワーキンググループの決定の10日後に、課長補佐が「総理の意向」という文言を入れたようです。




石破さんが出した4条件ですが、獣医師会が石破さんに陳情に行った後に出ています。

なんか臭いですね。

ひょっとして石破さんは、今回の黒幕?

反安倍勢力

今回の都議選の結果は、反安倍勢力の勝利でしょうね。

安倍政権打倒を目指す国内外の勢力が結集したパワーを見せつけました。

森友に始まり加計で印象操作を執拗に行い、選挙期間中にスキャンダルを報じました。反安倍のマスコミの勝利と言えるでしょう。

マスコミのバックにある勢力もパワーを結集しました。
共産党や社民党とそのシンパ。中国や朝鮮半島の2国などです。


さて東京都はこれからどうなるのでしょう。
都知事のイエスマンやイエスウーマンが55人います。議会としてのチェック機能をどれだけ果たしていけるのでしょうか?

秀才型天才

天才にもいろいろなタイプがあるようです。

「秀才型天才」とはどのようなものでしょう?


「ひふみん」と呼ばれている加藤一二三九段。僕はこれには違和感があります。

小学生から中学生の頃、将棋に熱を入れていました。当時は大山・中原の二強に加藤、米長、内藤などがしのぎを削っていました。
(僕は内藤国雄が大好きで、空中戦を真似しようとしていました)
その時の加藤一二三九段のイメージがあるので、TVのバラエティ番組に出ていたり、「ひふみん」と呼ばれることに違和感があります。僕にとっては将棋棋士であって、それ以外はあり得ないのです。

その加藤一二三九段が引退しました。

その引退会見の一部をTVで見ました。そこで今注目の藤井四段を「秀才型天才」と分析していました。棋譜を研究して、そう評しています。

加藤九段が「神武以来」と言われた天才で、その天才が天才を評したのです。

説得力がありますが、僕個人としては?マークがいくつかつきます。
残念ながら凡人には理解不能です(苦笑)

加計問題

続きを読む

東京藝大 第1弾

東京藝大ウインドオーケストラのCDが3枚出ています。そのうち2枚持っていますが、感想を一言でいうと

無茶苦茶うまい

これにつきますね。
下手にだらだらと書かず、写真をつけて「以上、おしまい」とした方がいいように思います(笑)

日本の吹奏楽団のCDをそれなりに持っていますが、群を抜いてうまいと感じさせられたのは、今回が初めてです。
たいがいが数回聞いて、あとは棚におさまり、必要があった時だけ取り出して聞くというパターンですが、この東京藝大の2枚は「聞きたいな」と思わせ、実際に何回も聞いています。

東京藝大vol 1

この写真は第1弾のCDで、アルフレッド・リードクロード・トーマス・スミスの作品が収められています。

技術的にうまいだけではありません。それだけだったら何回も聞きたいとはおもいません。合奏の質や表現力の高さもすごい、それらを含めた音楽性が高いんですね。(ありきたりな言い方ですが)

収録曲は
<アルフレッド・リード>
 1. 序曲「春の猟犬」
  2. アーデン森のロザリンド
  3. エルサレム讃歌
  4. 主よ人の望みの喜びよ/ヨハン・セバスティアン・バッハ
<クロード・トーマス・スミス>
  5. 華麗なる舞曲
  6. ルイ・ブルジョアの讃美歌による変奏曲
  7. フェスティヴァル・ヴァリエーション
です。

「春の猟犬」は大好きな曲。「アーデン森のロザリンド」は初めて聞く曲でしたが、いっぺんに気に入りました。「エルサレム讃歌」もいい曲です。
「主よ人の望みの喜びよ」はリードの編曲によるものです。僕が所属する吹奏楽団で演奏したことがあります。懐かしさとこんな演奏ができたらいいなという羨望とがあります。

リードは大好きな作曲家でよく聞きますが、スミスはほとんど聞きません。しかし、このCDで見直しました。結構いいです。そのことを感じさせてくれたこともこのCDの副産物でした。

皇室攻撃報道と女性宮家策動

毎日新聞の皇室報道はひどいですね。

そして、女性宮家のこと。日本を根幹から崩そうとしている、そんな恐ろしいい企みを感じます。


皇室を守ろうと思っておられる方、以下の番組をぜひご覧ください。
  ↓
皇室攻撃報道と女性宮家策動


旧宮家の復活

皇位の安定的敬称には必要なことだと思います。

この番組の中に、系図と具体的な名前も挙げておられます。これを見ると、ますます必要性を感じます。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード