FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒い国から帰ってきたスパイ

1月3日の記事に掲載した写真に、ジョン・ル・カレ「地下道の鳩」が写っています。それを正月休みに読んでいたのですが、“ジョン・ル・カレ回想録”という副題があるように、過去に経験したことが、これこれの小説のこの場面に、この人物に反映されていると書かれていました。
そうなると、実際に小説をいくつか読んだ後に「地下道の鳩」を読んだ方が面白いはずと思いました。以前買っておいてまだ読んでいない本が1冊ありました。

それが「寒い国から帰ってきたスパイ」

寒い国から

スパイ小説の金字塔とされる作品です。

ベルリンの壁をはさんで対峙するイギリス諜報部と東ドイツ諜報部の戦いを描いた作品です。

戦いと言っても武器をもっての戦闘ではありません、神経戦であり情報戦です。
神経を研ぎ澄まして、相手を騙したり罠にかけていきます。
「敵を騙すには、まずは味方から」と言いますが、それもこの作品には織り込まれています。読んでいる時にはわかりません。後でわかります。(読者にバレバレでは作品としては失格ですからね)

スパイものといえばジェームズ・ボンドをイメージするかもしれませんが、この小説にはそんなスーパースターは登場しません。派手な活劇もありません。
その道のプロにはなっても、あくまでも凡人が登場します。

作者のジョン・ル・カレは、イギリスの諜報員でした。実際に経験したことや見聞きしたことが織り込まれています。「地下道の鳩」を読んでそう思います。諜報員は引退しても守秘義務があります。だから事実は書けませんが、フィクションにして姿かたちを変えて書いていると思います。

そうして小説を組み立てていき、細部も描いていくんでしょうね。
すごく面白い小説でした。ぐいぐいと引き込まれていきました。


そして、次も読んでみたくなりました。それが写真左の「ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ」
です。


帯にある映画化云々に騙されてはいけませんよ(笑)
2012年発行の本を中古で買ったのですから。
スポンサーサイト

PLAYBACK

「プレイバック」と言えば、我らおじさん世代では、山口百恵の「プレイバック」です。

うん十年ぶりに聞こうかなと思ってYouTubeで検索すると出てきました。
プレイバックPart2(1978年5月1日)/山口百惠  

Part 2 の方しか知らなくて、Part 1 も聞いてみました。やっぱり聞いたことがありません。というか、山口百恵はファンではなかったので、ヒットしてTVで流れた曲しか知らないですからね(苦笑)


今日取り上げる「PLAYBACK」は小説の方です。日本語タイトルは「プレイバック」。
レイモンド・チャンドラー 作、村上春樹 訳 のミステリー小説です。
(1月3日にアップした記事に写真を掲載していますが、その右下にある本です)

そもそもミステリー小説が興味の対象でなかったのですが、村上春樹が翻訳しているということでレイモンド・チャンドラーの作品を読み始めました。

彼の作品で、村上さんが翻訳している私立探偵の“フィリップ・マーロウ”ものは、これが6作目になるそうです。

最初に読んだ「ロング・グッドバイ」から、フィリップ・マーロウに引き込まれました。
鋭い頭脳は持っていますが、クールでもスマートでもありません。どんくさい一面も持っていて、よせばいいのに深入りするからとんでもない目にあったりします。仕事の依頼内容を超えて行動することが原因の一つでもあります。しかし、それがミステリアスな事件の全容解明の糸口になったりもします。

マーロウの語り口も独特で、持って回ったような言い方からユーモアや皮肉などを含んでいます。これがマーロウものの楽しみの一つでもあります。

癖になるとやめられない。これがこのシリーズの特徴で、今回の「プレイバック」も大いに楽しませていただきました。


今年1冊目となった本の感想です。
今年は、読んだ本の紹介と簡単な感想を書いていこうと思っています。(1年間ずっと続けられたらいいのですが・・・・、あまり自信がない・・苦笑)
 

怒涛の1週間

4日5日はぼちぼちと仕事を始めました。のんびりとしたものでした。

ところが7日から怒涛の1週間が始まりました。仕事以外にも様々あって、自由時間があまり取れない毎日でした。その中でも少し空き時間があると、読書目標達成の為のスタートダッシュで、猛然(?)と読書(笑)
ということで、ブログをする時間もありません。

今日は仕事を少々、雑用をいくつか、そして確定申告の準備作業がスタートしました。

ようやく夜になって、少しゆったりしています。

スタートダッシュ

お正月はいかがお過ごしですか。

こちらは、親戚に行ったり来たり、新年会に行ったりといつも通りのお正月を過ごしています。それ以外の空き時間はのんびりしています。TVはほとんど見ません。面白いのがないのと、見ること自体が疲れるからです。
で、何をしているかというと、だいたい読書をしています。暇を持て余すので、時間つぶしの為に本を読んでいます(苦笑)

それと、読書目標の為です(笑)
今年は、50が死守ラインで(大袈裟な言い方ですが・・・)、再読含めて70を達成したいと思っています。

最初の本

常に併読していますが、お正月はいつもより欲張っています。

昨年から読んでいる本、正月になってから読み始めた本、今から読もうと思っている本が写真に写っています。

明日から仕事をしますが、ぼちぼちと始めます。来週月曜日から本格スタートです。だから6日まで読書に時間が取れます。70冊いう目標に向けてスタートダッシュします。


有川浩の小説は久しぶりです。「ヒア・カムズ・ザ・サン」は数年前に買っておいて本棚でほこりをかぶっていました(苦笑)

レイモンド・チャンドラーの「プレイバック」は年末に買い求めておいたもの。今、これを読んでいます。

今年は

2019年はどんな年になるのでしょう?

米中の世界覇権をめぐる戦いが本格化し、アジアの混乱の震源の多くはチャイナからとなる、と予想します。
日本は地理的に近いとあって、多大な影響を受けるでしょう。
そうした覚悟を持ちつつ、日々の生活を送りたいと思っています。

ブログに関することでいえば、音楽や読書の記事を増やしたいと思っています。

しかし

ここ数年、世界が転換期にきていて、国内外が激しく動いています。我が身が安全で、観察者でいられたら、どれほど面白い時代だろうかと思います。
残念ながら、様々なことが間接的に仕事や生活に影響しています。今起きているkとはどういう意味があって、今後どうなっていくのだろうと常に気になります。
そうした関心事があるために、ブログの記事に時事問題の文章が増えました。おそらく今年もそうなるでしょう。


音楽や歴史、そして小説のことなど楽しんで記事が書けたらいいのですが・・・・

「風のように」とあるように、その時の風まかせて書きたいように書きます。確固たる意志を持って音楽のことだけを書くとか、歴史について考察を深めるということができません。いかんせん弱いので(苦笑)


そんなこんなで勝手気ままに文章を書き連ねていきますが、どうぞお付き合いください。

なんとか目標達成

読書目標の50冊をなんとか達成できました。

ほっとしています(苦笑)


数だけはクリアしましたが、中身のある読書だったかどうか・・・
あまり自信がありません。

夏頃だったか秋になってか、来年は再読もカウントに入れて数値目標を立ててもいいのではないかと思うようになりました。
何でもかんでも再読するのではなく、そうする価値ある本だけ再読します。少しでも多く自分の血肉とする為です。


さて年末,、目標達成の為にねじ込むようにして読んだ本は
  ↓
50冊

遠藤誉 「毛沢東」

日中戦争において、毛沢東率いる八路軍は日本とまともに戦闘していません。タイトルにあるように、日本軍と共謀していました
蒋介石の国民党軍と日本を戦わせ、両軍を疲弊させる戦略でした。

詳しくは本書をお読みください。
日本軍の進攻に感謝する
という言葉を発した意味がよくわかります。


三田一郎 「科学者はなぜ神を信じるのか」  

まさにタイトルに魅かれて買いました。
信仰を持たない一般的日本人は、「神」をどのようにとらえているのでしょう?
おそらく本書でいう「神」と違うような気がします。

天文学や物理学の最先端にいる科学者が、神をどうとらえていたのか、を柱にした本だと理解しました。
コペルニクス、ガリレオ、ニュートン、アインシュタイン、ボーア、ハイゼンベルク、ディラック、ホーキングといった一流の人達が登場します。
彼らの学説と、神をどうとらえていたのか、また信じていたのかを解説しています。

学説の説明は丁寧にされていますが、いかんせん文系の頭では理解できません(苦笑)
けれども、ちょっとだけわかったような気分が味わえます。


倉山満 「日本国憲法を改正できない8つの理由」   

護憲派の人が喜びそうなタイトルですね。
これは、護憲派は勿論改憲派の人にも読んでほしい本です。
憲法とは何か、改憲とは何かについて基本のところを教えてくれる本だと思います。

来年秋以降、憲法改正が具体的な政治日程に上がってくるでしょう。国会発議のあと国民投票になりますが、実際そこまでいくかどうかわかりません、けれども国民投票となった場合には、あなたが一票を投じなければなりません。その時に参考になる本の1冊になると思います。

あと3冊

少ない時間を何とかしてあと3冊にこぎつけました。

46冊目が、施光恒 著 「本当に日本人は流されやすいのか」

47冊目が、亀山郁夫、沼野充義 著 「ロシア革命100年の謎」


施光恒さんの名前を知ったのは今年の秋頃、いつものように書店でぶらぶらしていて「本当に~」を見つけました。
初めは「あー、施さんはこんな本を書いているんだ」と思いました。日本人論は結構好きなので、そういう類かなと思いつつ、一方で、日本人は本当に流されやすいのかというときかけが気になりだしました。実際に手に取ってパラパラとページをめくっていくうちに、読みたくなっていきました。

結果、買って正解でしたね。

欧米基準でいくと、日本人は周囲に流されやすいからダメなんだとか、周囲に流されない「個の確立」が必要なんだとか言われますが、施さんはそうではないと批判します。日本人独自のよさや、しっかりと確立されている自己があるのだと主張します。その形成過程が書かれていて、かなりの説得力があります。

まさに目に鱗の論調でした。欧米基準でない、日本人のよさを教えてくれます。


“グローバル・スタンダード”で日本人の意識や価値判断を変えていこうとすることが、日本人の心の問題の大きな原因になっていないだろうか?
そう問いかけています。心理学の言説を引用して。これも説得力があります。
さらには、「リング」という小説や映画を引用しての話もあります。

などなど、色々と示唆に富む内容でした。

あと3冊


共産主義とは何か? ロシア革命とは何か? という問題意識があったので、亀山さんと沼野さんの本を買いました。

両人ともロシア文学や芸術に関して該博な知識があります。それを縦横無尽に駆使して、ロシア革命に至る道や革命後からソ連崩壊あたりまで語りつくされます。
政治については少なく、文学その他の芸術分野について多くが語られています。

残念ながら基本知識がわずかしかないので、この本についていくことができませんでした。もし、相当量の知識があれば、すごく面白く読めるんだろうなと思います。

ロシアには関心があるので、今後いろんな本を読んでいって、知識が増え、それなりのロシア観ができてからこの本を読むと、どんな感想をもつだろう?
散りばめられた宝石を見つけるような楽しみが味わえるのではないかと予想します。

中国経済の今

中国は情報統制の国です。

現在の中国経済はどうなっているのでしょうか? 正確な情報はありません。

情報を外へ出さないのは勿論ですが、情報そのものが嘘っぱちのようです。
数年前に経済成長率が7%を切った時に、実は相当悪いのではないかと言われ、今はマイナス成長ではないかとも言われます。

マスコミは一切言いませんが、一部書籍やネットの世界では“中国経済崩壊”の話題を見かけます。


先日こんな番組がありました。
   ↓
【討論】中国経済は本当に崩壊するのか?[桜H30/12/22]    

7人の方が、それぞれの視点で中国経済について語ってくれます。これが必聴!

それぞれが異なった切り口で語ってくれるので、多角的に中国を見ることができます。

番組開始3分30秒あたりからです。



個人的には、宮崎正弘さん、川島博之さん(東京大学大学院農学生命科学研究科准教授)、渡邉哲也さん、福島香織さんの話が面白かったです。


川島博之さんはこんな本を出されています。
農民戸籍

中国13億人のうち、都市戸籍が4億人。農民戸籍が9億人、これは中国を見る際に外してはならない視点だということ。そこから見えてくる現状と課題は、全く知らない事ばかりでした。

写真の本ですが、読んでみようかなと思って未だ買っていないものです。買って読みますよ!


渡邉さんの話はいつもわかりやすい。ファーウェイ問題の背景などよくわかります。

福島さんの、今秋の中国共産党内部がどうなっているかの話はかなりリアルです。
反習近平のこと、経済政策が決まっていなくて“真空”状態にあること、対米関係でどう考えているのか等知ることができます。

あと4冊

本は好きだけども読書スピードは速くありません。

10年前だか20年前だか忘れましたが、読んだ本の記録を始めました。著者名と本のタイトルだけ書くいたってシンプルなものです。
それをしだしてから、年間に何冊読めるかを意識し出しました。そのうち年間100冊が目標になって、かれこれ5年くらい前でしょうか、ようやくその目標を達成しました。

ところが3年前から多忙になって、読破数が半減しました。昨年も一昨年も辛うじて50をキープしました。

今年は、今日現在で46冊目を読み終えたところです。

この連休もなにかとあってなかなか時間が取れません。その後の年末1週間、読書に充てられる時間が限られています。

でも

50冊はなんとか死守したい。(死守したいとは大げさな表現ですが・・・)

あと4冊、なんとか頑張ろう!

やっと気づいた

音楽には初めて聞いて「いいな!」と思う曲と、最初は平凡に感じても何度か聞いてようやくよさがわかる曲とあります。

僕の場合、音楽データをUSBに入れて車で聞くようになって後者の曲に出会うことが増えました。


その一つがマーラーの交響曲第7番です。

若かりし頃マーラーを聞き出してまもなく第6番の毒にやられまして、マーラー・アレルギーになりました。
全く駄目になったわけではなく、かろうじて2番、4番、5番は聞けました。
5年くらい前でしょうか(?)ようやくアレルギーを克服しました・・・が、ずっと6〜8番は苦手でした。

7番のことを言うと、クレンペラーを単品のCD、シノーポリ、ブーレーズやバーンスタインの全集のCDでそれぞれ聞きましたが、なかなか心に響きませんでした。
スローテンポのクレンペラーにもうちょっと早いテンポでできないかなと思いつつ、終わってみれば何故かしら心に残る、というかズシリと響く演奏でした。
それ以外の演奏は・・・


そんな中、今回のUSBに入れた音楽データは、テンシュテット指揮ロンドン・フィルの演奏です。

テンシュテット マーラー

やっとというか、ようやく7番の良さに気がつきました。

そういう演奏でした。


同じ演奏をもう一度聞いて、さらにいいな!と思えるか、という自信はありません。今持っている他のCDで、ググッとくるかもしれません。

ただ、初めて「マーラーの7番ていいな‼️」と思えた演奏だということで、僕にとっては価値があります。

プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。