ばらの騎士とバッハ

運転中に聞いているUSBには、お気に入りの曲がいっぱい入っています。

先日聞き終えたのが、R.シュトラウスの歌劇「ばらの騎士」です。

このオペラは大好きで、マイ・フェイバリット・オペラを3曲あげろと言われれば、絶対に入る曲です。CDもそこそこ持っていて、カラヤン(2つ)、バーンスタイン、ハイティンク、クライバー(CD1つとDVD2つ)とあります。

このオペラで初めて買ったCDはカラヤンの新盤で、一番のお気に入りで聞く回数もダントツです。しかし旧盤は持っていたけど一度も聞いたことがありませんでした(苦笑)
このフィルハーモニア管を指揮した旧盤はかなり評価が高いのに・・・

で、それをUSBに入れ、今回初めて聞きました。

ばらバッハ

左上がカラヤン生誕100年を記念して発売されたBOXセットのジャケット、左下がR.シュトラウス作品集からの1枚、どちらも同じ演奏です。どちらの音楽データをPCに入れたかわすれましたが(苦笑)

旧盤は1950年代の録音なので、音があまりよくないというイメージを持っていました。
(音が悪かったり、古めかしいのは好きじゃないんです。これが旧盤を聞こうとしなかった理由の1つ)

実際聞いてみると、それほど悪くもないし古めかしい感じもしませんでした。
そして演奏はというと、GOOD! 素晴らしいですね。新盤は大好きなんだけど、それと甲乙つけがたい感じがしました。名盤とわれることに大いに納得!



写真の右側は、マレイ・ペライアのバッハ作品集からです。
上の方がイギリス組曲、下がパルティータです。チェンバロでなくピアノで演奏しています。

USBでは、オペラやオーケストラ曲の間に1曲ずつサンドイッチのように入れています。

バッハの鍵盤作品をピアノで弾いたのはグールドのものが好きでよく聞きます。それと比べると、ここまで違うのかと解釈というか演奏スタイルの差に驚かされます。けれどもどちらもいいです。

ペライアの表情の柔らかさや優しさ、そして美音。
高音域でも透き通った美しさはたまらない魅力です。バッハにこういう演奏があったのか!という驚きがあります。



ばらの騎士にしろペライアのバッハにしろ、聞き惚れてしまうんですね。運転要注意です(笑)

スポンサーサイト

手嶋さんの解説

北朝鮮問題について、手嶋龍一さんの話は参考になります。

↓これです。

プライムニュース最新 2017年4月14日 2017年4月14日



天下布武

織田信長の「天下布武」は、武力でもって全国を統一するという意味だと思っていました。

ところが、この「天下」という言葉は、日本全国を意味するわけではないことが、この本に書かれていました。


太平記

書店の新書コーナーで見つけたのですが、戦国時代のキリスト教宣教師と太平記の取り合わせがミスマッチに思え、逆に興味を掻き立てられました。


P95~99に余談として書かれていますが、抜粋と要約で書いていきます。

イエズス会宣教師ルイス・フロイスの書翰に
「日本全土は66の王国に分かれている。
~ その中で最も主要なものは日本の君主国を構成する五畿内の5つのである。
~ 五畿内の君主は天下の主君 ~ と呼ばれ ~」
と書いています。

五畿内とは、山城・大和・摂津・河内・和泉を言います。

今の京都府南部(京都市以南)と奈良県、大阪府、兵庫県の一部です。

これを天下といい、この地域を掌握したものを「天下の主君」というわけです。

ルイス・フロイスの交流範囲はわかりませんが、この「天下」の意味は当時の常識と考えてもいいと思います。


この本では、日本側の例を2つ挙げています。

一つ目は上杉謙信
「武田信玄を退治し、北条氏康とは真実の和睦を実現した上で、領国の越後を気づかうことなく『天下』へ上洛できるよに神仏に願をかけている」とあります。

二つ目は豊臣秀吉。
本能寺の変の後に開かれた清州会議を報告する手紙に
「明智光秀の旧領の近江国志賀郡を知行するように言われたが ~ 、自分が志賀郡を領地にすれば、この秀吉の領地が『天下』を包み込むような形になり、口さがない人々は、秀吉が自分の領土で『天下』を包囲して発言権を大きくしたいのだ、と噂するに違いない~」
と書いています。

ここでいう秀吉の領地は播磨で姫路城を本拠にしていました。

ざっくりいうと、近江国志賀郡は滋賀県の南東部、播磨は兵庫県南部、この2つが包み込む、あるいは包囲する地域はというと。そう五機内になるんですね。

こうしたことから考えて、織田信長が美濃を制覇し岐阜に本拠を移してから「天下布武」という言葉を使い始めましたが、信長は五畿内という意味で使ったように思えるのです。

オバマの時から

アメリカが金正恩委員長を殺害しようとする作戦をTVでは「斬首作戦」と言っています。

これ、トランプが考えてやろうとしていると思っておられますか?

違います。

昨年の秋頃から(僕が聞いた情報では、秋と言っていました)、この斬首作戦や限定空爆などの作戦が始まったようです。
(計画が始まったのか、準備が始まったのか、そのあたりの記憶が曖昧です。すみません)

ただハッキリ言えるのは、オバマ政権末期からこの作戦は始まったということです。

そして、昨年11月の大統領選から今年1月の新大統領就任までの間に、軍事作戦が実施される可能性があったようです。ただ、オバマは決断しなかった。
トランプは前政権の作戦を引き継いでいるということです。

シリア軍攻撃

アメリカがシリア軍を攻撃しました。いくつかの意味があると思います。

オバマと違うこと。
前大統領はシリアが化学兵器をつかうと軍事介入すると言いましたが、結局何もしませんでした。
その後シリアをはじめ中東はどうなりましたか。中国や北朝鮮もオバマの弱腰を知りました。両国のその後の動きは皆さんご存知の通りです。
そのオバマと違うことを見せました。

北朝鮮とシリアはつながっている。
アジアの西の端と東の端で関係ないと思うなかれ。大いに関係があります。この2国は軍事その他で密接な関係があります。
米中会談の真っ最中にシリア軍攻撃がありました。ただの脅しでなく、実際に行動することを見せました。これは北朝鮮だけでなく、中国にも見せました。
トランプと習近平は、この2日間どんな話をしたのでしょうか・・・


↓佐藤優の話を聞いてください
くるまにあジャパン4.7

恐ろしいことですが、現実として起こり得ると覚悟しなければならないと思います。

その中で、自動装置の話には震えました。

北朝鮮の工作員は日本にどれくらい入っているのでしょう。北朝鮮国営放送が最近になって乱数表を読み上げを始めたそうです。おそらく日本国内にいる工作員への指令でしょう。
毒ガスなどの生物兵器がすでに日本に持ち込まれているという話も聞きます。テロが現実味を帯びています。
テロ等準備罪の成立が望まれます。これによってテロを未然に防ぐことが可能になります。


教育勅語

今話題の「教育勅語」、元ネタは中国の商人道徳訓だったらしくて、それが日本に輸入され、商人の道徳訓になり、さらにいくらかの変遷を経て教育勅語になったそうです。

これを聞いた時「ふ~ん」と思いました。

ところで、僕自身一度も読んだこともなく、内容を全く知らないんですね。
この際、読んでみようと思いました。というのも森友問題から派生して、民進党はじめ野党が騒ぎ出しています。マスコミもこれに便乗して騒ぎ出すかもしれません。

教育勅語そのものを読まず、あれこれ聞くことなかれ、語ることなかれ、と思うわけです。



敎育ニ關スル勅語

朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世々厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ敎育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ徳器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重ジ國法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン
斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ
明治二十三年十月三十日
御名御璽


<現代口語訳>
私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。
そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。
国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や秩序を守ることは勿論のこと、国家に非常事態発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。
そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるだけでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。
このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。

ようやく

2月4日に「新USB用」というタイトルで書いたことの現況報告です。

ワーグナーの「ニーベルングの指環」4部作と「トリスタンとイゾルデ」、フォーレのピアノ曲その他の組み合わせで、USBに音楽データを入れていました。これは昨年か一昨年に作ったものです。その後に追加でお気に入りの曲を入れました。その作業をしたのが、1月末か2月初めです。

今日(4/2)、ようやく追加した曲の1曲目が流れました。
それがこれ↓
41kWuU_Bz-L.jpg

プッチーニの「ラ・ボエーム

ミミ役をフレーニが歌い、ロドルフォパバロッティが歌っています。それからパネライもいるしギャウロフもいます。そしてなによりもカラヤン/ベルリン・フィルが素晴らしい。
若かりし頃レコードを買って聞き、何度聞いても聞き惚れ、数年前にCDを買いました。そして今回USBに入れました。

今日も運転しながら聞き惚れていました。

運転注意ですね(笑)




ラ・ボエームのCDは他にバーンスタインのものがあります。昨年BOXセットを買ったものの中にありました。演奏はなかなかよかったです。けれど、このカラヤン盤を超えるものではありませんでした。
他の演奏でいいものもあるでしょうが、僕はカラヤン盤に最初からはまってしまったので、もうこれ以上買って聞きたいとはおもいません。いろいろ聞いた中でベスト盤が見つかるのではなく、最初の1枚がマイ・ベストだったという感じです。



この「ラ・ボエーム」のあとが、ブルックナーの交響曲第7番です。

jochum br7

数年前に買ったときに聞いたきりです。久しぶりにききます。たぶん明日か明後日に聞くことができると思います。

開幕

昨日プロ野球が開幕しました。

WBCなどの国際試合と日本シリーズは真剣に見ますが、ペナントレースはほとんど見ません。
けれどもシーズン開幕は、なんとなく嬉しいもんです。
なぜかと聞かれても、うまく答えられませんが(笑)

それから毎晩のプロ野球ニュースが楽しみです。時間にすればどれくらいでしょう? 5分くらいですか? 長いときは10分くらいあるのかな? その時間が楽しみなんですね。

昨晩、楽しみました。今晩も楽しみです(笑)

橋下さんが書いた

北朝鮮有事がいつ起きるかわからないのに、連日マスコミは森友問題を報道しています。

いい加減にしてくれ!
それどころじゃないでしょ。アメリカは本気なんですから。

TVで「森友~」と聞くと、すぐチャンネルを替えるか消します。TV局の思惑通りに発言するコメンテーターの言うことを聞いていて、何か得るものがあるのですか。(出演者はTV局の方針に逆らった発言をすると、次から呼んでもらえなくなりますからね


と、そんなところへネットで橋下徹さんの記事を見つけました。

橋下徹「スクープ!これが森友学園問題の真相だ」 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

大阪音楽大学への売却話破談で、さあ困った!」で始まる記事です。

これは、事件の本質を知るのに信頼できる文章かもしれないと思って読み始めました。
事件の背景となる事実が書かれていて、ふむふむと読んでいきました。

近畿財務局が~

なるほど・・・、それで。と思ったところで・・・・

つづきは・・・・

(笑)

タイ戦

昨日のタイ戦、途中から見ました。

イージーミスが多く、ヒヤヒヤさせられる場面が多くありました。

4対0というスコアですが、危なっかしい試合だったのです。


よかったと思うのは、シュートに対する得点率の高さ、これがよかったと思います。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード