国盗り物語

僕が初めてNHK大河ドラマを見たのは小学校の頃。「新・平家物語」(吉川英治 原作)だった。次の年が「国盗り物語」。
この2作が僕にとっての大河ドラマの基準です。だからこお5年10年20年の大河ドラマは、品がなくて、薄っぺらだから見る気がしません。

それはさておき。

昨年、急に原作である司馬遼太郎の「国盗り物語」が読みたくなって秋ごろから読み始めました。
司馬さんの長編小説はおおよそ読んでいるのですが、この作品はまだだったんですね。TVが何十年前に先行して見て、今になって原作を初めて読むことになりました(笑)

国盗り物語

全4冊ありますが、前半2冊は斎藤道三が主人公で、後半2冊は織田信長です。

最近の研究では、斎藤道三は父と本人の親子二代で美濃の国を盗ったと言われているようです。しかし、司馬さんがこの小説を書いた頃は、そういう研究もなかったし、史料も見つからなかったんでしょうね。道三一人で、寺を出て油屋商人になり、やがて美濃一国を乗っ取るという筋で物がは形成されています。

それはそうと、前半2冊の感想を一言でいうと

痛快

これにつきます。

面白いのは無茶苦茶面白いです。それよりも読んでいる時の気分が痛快なんですね。そんな気分にさせる小説ってなかなかないですね。


後半は、織田信長編となっていますが、隠れた主人公は明智光秀です。表面的には織田信長を追ってストーリーは展開されますが、そこに明智光秀のストーリーがかなり組み込まれ、ふたり主人公という感じもします。
個人的主観でいえば、裏の主人公である明智光秀が実は物語の中心にいた、という印象です。

光秀から見た信長の話は面白いんだけど、なんとも言えず苦味を感じながら読んでいました。


小説を読みながら、平幹二朗の演じた斎藤道三、高橋英樹の信長、松坂慶子の濃姫、池内淳子のお万阿、三田佳子の深芳野、、近藤正臣の光秀、火野正平の秀吉などが、それぞれの1シーンに記憶としてよみがえってきました。しかも鮮明な画像で。

スポンサーサイト

今の朝鮮半島

ほとんどの大手マスコミは、リアルな朝鮮半島情勢を報道しません。

取材能力がないのか、それとも意図的に不都合な事実を隠そうとしているのか・・・

それに対し、ネットの世界の方が玉石混淆とはいえ、いい情報を私達に伝えてくれます。

みのもんたの「よるバズ」という番組、出演メンバーによって質がかわりますが、10日(土)はかなり質が高いものでした。
  ↓
よるバズ 韓国、北 オリンピック 2月10日



背筋が凍り付きそうなシビアな現実が語られます。これによってマスコミによる歪められたイメージを正されました。

北海道が危ない

中国が北海道の土地を買っている。かなりヤバい状態になってきている、と聞きます。

↓これを聞いて、肝を冷やしました。早急な対応が必要です。

【DHC】2/8(木) 有本香×竹田恒泰×居島一平【ゲスト:小野寺まさる】

1時間15分ほどからご視聴ください。


北極海ルートの「一帯一路構想」があって、苫小牧港釧路港を重要拠点として、土地を買っている。

北海道に天然資源が埋まっているのですが、それがある土地を買っている。

などなど驚きの実態を知ることができます。


この動画は、拡散を希望します。多くの人に知ってほしいです。



そして

国会議員よ、法整備を急げ!

寒波が

今週の前半の寒波襲来、たまらなく寒かったですね。

幸いなことに大雪は降りませんでしたが・・・

寒波2018021

零下になると、つららができます。

2018022.jpg

まだまだ寒さが続きそうです。

沈黙 ― サイレンス

お正月に見た映画が2本、その感想を今頃書きますが(苦笑)

映画「沈黙 ― サイレンス」

遠藤周作の小説を原作にした映画です。

江戸時代にキリシタン弾圧があり、踏絵を踏まされるというのは学校で習いました。まさにその時代、そのことを中心に描いています。

遠藤周作はカトリックの信仰を持つ人で、キリスト教を題材にした小説がいくつかあります。
僕はこのテーマの作品は「海と毒薬」ぐらいで、あとは戦国ものと狐狸庵先生のユーモアものは少し読んだぐらいです。

映画 沈黙

さて、この「沈黙」。非常に重いです。

宗教迫害とは何なのか。

迫害を受けたときに信仰が保てるのか。

そもそも信仰とは何か。

信仰を捨てるとは・・・

そういったようなことが問われていると思います。

実際に信仰を持つ人には、自分の身に置き換えて見られる方が多いと思いますし、自らのことを問い直す作品かもしれません。

一方、信仰を持たない人には、関係ないかというと、そうではないと思います。
なんらかのポリシー、しかも強いポリシーをお持ちの方や信念を貫いて生きておられる方には、上記の問いかけの「信仰」のところを「ポリシー」や「信念」に置き換え、文章も多少変えて、自らに問いかけられてもいいかもしれません。




ちなみに、僕は映画に出てくる「きちじろう」が、まさに自分だと思います。弱くて、卑怯な人間です。この映画を見た多くの人は、かれを駄目なやつだと裁くでしょう。僕は、そこに自分がいると思って見ていました。

メタンハイドレート

日本の周囲には海洋資源が豊富です。その一つがメタンハイドレート

それについてのフォーラムが行われます↓

日本海洋資源1

日本海洋資源2


メタンハイドレートは、未開発のエネルギー資源として、その開発が待たれます。しかし、既得権益をもつものがその開発を邪魔しています。

そのことも知ってください。

Pirates of the Caribbean : Dead Men Tell No Tales

正月休みはDVDを借りてきて映画2本とTVドラマを1本見ました。

最初に見たのが、「パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊」(邦題)

パイレーツ・オブ・カリビアンは1作目から見ていて、今回が5作目になります。毎回楽しんでいますが、今回は話の流れが一番よくわかりました。何作目だったか忘れましたが、ストーリーがストンと入ってこず、消化不良気味で見終わった作品がありました。それに比べて今回はほんとによくわかりました。
みています

poc_add_01.jpg

エンターテイメント性もよかったと思います。すごく楽しめます。



ラストシーンが謎に富んでいると思いました。
邦題が「最後の~」とあるので、この映画のシリーズもこれで終わりかと思っていましたが、なにやら次へつながる感じです(笑)

2018年は

2018年になりました。

2ヶ月ぶりの更新となります。なにかと忙しく、ブログに割く時間がありませんでした。

今日になって、ようやく時間の余裕ができ、ブログ画面を開くと、2ヶ月も更新していないことがわかり愕然としました。これだけ放置したのは初めてです(苦笑)

余暇時間があまりないのは、昨年も今年も同じなので、どれくらいのペースで更新していけるかわかりません。
昨秋の衆議院選挙前は、選挙結果によっては日本は大変なことになるという危機感が相当あったので、無理して更新行きましたが、正直いって大変でした。その反動なのか(?)その後手つかず状態が続きましたが(苦笑)

そういくこともあるので、あまり無理せず細々とでも続けていけたらと思っています。

寄生虫

「立憲民主党は共産党に牛耳られる」

「これから立憲民主・枝野氏は共産党に頭が上がらなくなる」

その理由とは?

「藤井厳喜が斬る!大手マスコミの偏向報道〜選挙編〜」

自称リベラル

【リベラル】左翼と呼ばれたくない人たちの自称。

これ、池上彰さんの言葉。

まった同感。
プロフィール

よんちゃん

Author:よんちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード